3D脱出ゲーム Dead Breath

3D脱出ゲーム Dead Breath

評価3.5点

TTTERY

3D脱出ゲーム

読者レビュー (0)

女子高生vsエイリアン!洋館を舞台に繰り広げられるクロックタワー風3D脱出ゲーム

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Dead Breath

▲クロックタワーとバイオハザードの遺伝子を感じますな。

呼吸を感知するクリーチャーうごめく洋館から脱出せよ!

Dead Breath女子高生がクリーチャーひしめく洋館から脱出する3D脱出ゲーム。

行方不明になった友人を探すため、3人の女子高生は町外れにある洋館に足を踏み入れた。だが、そこは「エイリアン」さながらのクリーチャーがひしめく危険な館だった。

FPS視点の脱出ホラーアドベンチャー!

Dead Breath

▲洋館に残された血文字。兼目的提示。

仮想パッドで女子高生を360度自由に移動させ、アイテムを探して脱出する一人称の3D脱出アドベンチャーとなっている。

雰囲気としては「バイオハザード1」「クロックタワー」など、PS1時代のサバイバルホラーに近い。

呼吸を止めて執拗な追跡からのがれよう

Dead Breath

▲隠れながら探索を繰り返していく。攻撃手段なし。

クリーチャーは女子高生の呼吸を感知して襲ってくる。クリーチャーに遭遇したら隠れることはできないが、呼吸を止めることで一時的に逃走可能

これにより、常に緊迫感溢れる探索を余儀なくされる。この夏、プレイするのにもってこいのホラーゲームだな。

Dead Breathの魅力はどこまでも追跡してくる恐怖

Dead Breath

▲階段から降りてくるクリーチャー。ゾンビとは違うのだよゾンビとは。

女子高生版「GTA」とまで評されたカオスゲー「スクールライフシミュレーター」作者の新作とあっては黙らずにはいられない。

今回は、凶悪なクリーチャーに容赦なく無惨なまでに女子高生たちが惨殺されていくぞ。女子高生の死体も洋館に残るあたりがエグくてよい。

どこまでも追いかけてくるクリーチャー

Dead Breath

▲クリーチャーはハンター感もありリッカー感もあり…っていうかエイリアン。

「エイリアン」風のクリーチャーは、「クロックタワー」のシザーマン「バイオハザード3」の追跡者よろしく、どこまでも追いかけてくる。

女子高生たちは障害物をつくることくらいはできても、基本的には防戦一方。息を潜めて隠れる、無力感の中逃走と探索していくのが「青鬼」のようなホラー感を倍増させている。

バイオハザード風の洋館を探索

Dead Breath

▲死んだ女子高生が無惨にも廊下に。縮尺ちょっと変なような。

3DCGで描かれた吹き抜けのある洋館。クランクや電気が切れたPCなど、雰囲気はバイオハザードシリーズへのリスペクトを感じる。

一人称視点ということで、女子高生の姿があまり確認できないのはちょっとだけ残念だったが、謎が謎を呼ぶ展開に飲み込まれてるうちにそんなのも気にならなくなったぜ。怖いし。

ゲームの流れ

Dead Breath

難易度設定と言語を設定できる。

初回プレイはまあイージーが推奨だろう。

Dead Breath

三人の女子高生を選択可能。そこはかとないトワイライトシンドローム感。

一人称視点だし声や能力に差はなさそう。

Dead Breath

手のアイコンボタンでアイテムを拾うことができる。

真ん中のドアの鍵をタッチすると置くことができる。使う時も手。わかりづらいかも。

Dead Breath

謎を解く時はアイテムが必要。でも追いかけてくるクリーチャー。

クロックタワーよりもリアルタイムで登場するためさらに居心地が悪い。

Dead Breath

テーブルに隠れたところ…無駄でした。

よほど目が悪いのか息をひそめれば走り抜けて逃げられる。隠れるより逃げだ。

Dead Breath攻略のコツ

Dead Breath

3回ミスったらゲームオーバー。

三段階の難度調整が可能。操作に慣れるまではイージーでプレイしていいと思う。

基本的にはクリーチャーから逃げる→部屋を探索→謎解きの繰り返しなのだが、いかに時間を稼ぐかが大事になる。

隠れんぼじゃなく、追いかけっこと心得よ

Dead Breath

▲アイテムは拾うだけじゃなく置ける。これ豆。

最初、クロックタワーのようにテーブルの下に息を潜めて逃げていたが、隠れても無駄なことが判明。逃げなければ殺られる。

ドアやランプを倒して一時的に障害物を作ることもできるが、低難度なら息を潜めれば走り抜けて十分に逃走が可能。距離を稼いで探索していこう。

所有できるアイテムは一つまで

Dead Breath

▲言うてみたら3D版青鬼感もあるね。

アイテムは一つまでしか持てない。拾ったアイテムは床に置くことができるのでわかりやすい場所に置いといてもいいだろう。

あとはヘッドホンやイヤホンでプレイして、クリーチャーとの距離をサウンドで把握するのが攻略のコツだろうか。余計怖くなるけどね。

アプリゲット
新作ゲームをフォロー
新作ゲームの最新レビューを配信しています
アプリゲット
事前登録をフォロー
事前登録中ゲームの最新情報を配信しています

読者レビュー(β版)

このゲームをプレイした感想や評価を教えてください。雑談やコメントも歓迎です。
avatar
1000