Cat Tower

Cat Tower

111%

ダンジョンRPG

基本プレイ無料

ブサカワ猫を強化してダンジョンを攻略せよ!フルオートでサクサク遊べる放置系RPG!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Cat Tower

なぜブサ猫は冒険を続けるのか…そこにダンジョンがあるからさ!

「Cat Tower」は、勝手に戦うを強化しつつ、ダンジョンを攻略していく放置系ハクスラRPGだ。

戦闘はもちろん、移動からコンティニュー(笑)まで自動で進むので、プレイヤーは見守り、強化し、適切なタイミングでスキルを発動するだけでいい。

手詰まりを感じたら転生させて、最初からプレイをしなおすことも可能。クリッカー系のようなインフレバトルを眺めて楽しもう!

主人公はブサカワな猫!

Cat Tower

主人公のブサカワ猫。戦闘中にもブツブツ独り言を言う(笑)。

プレイヤーの分身となって戦ってくれるのは、ブサカワな太った猫。剣を振り回して、ワラワラと群がってくる敵を倒していく。

HPが0になるとゲームオーバーになるが、経験値やコインはそのままに、すぐに同じ階からコンティニューされる。このため、放置すればするほど強化の伸びしろが増えるぞ。

ボス戦はいつでも再チャレンジ可能!

Cat Tower
ステージクリアのカギとなるボスは、倒せなかった場合、画面上部にボスボタンが表示され、以後いつでも再挑戦することができる。

しばらく放置して経験値やコインをため、十分に強化してからチャレンジしよう。

「Cat Tower」の特徴は、タップのいらないクリッカー!?

Cat Tower

動画視聴やボス撃退でお金だけはどんどん溜まっていくぞ。

フロアのクリア条件は、モンスターを30匹倒すこと。倒しきれずに力尽きた場合は、カウンターがリセットされた状態で同じフロアからリスタートする。

さらに、数フロアごとにボス戦が発生。こいつを倒すまで、延々と死と復活が繰り返され、経験値とお金がどんどん溜まっていく。

タップしていないのに、クリッカーゲームのようなインフレ感が楽しめる仕組みになっているのだ。

広告視聴ボーナスを有効活用しよう

Cat Tower
広告動画を視聴すると、それぞれ5分間、ゲームスピードが2倍になる、攻撃力が2倍になる、コイン収入が2倍になるという3つのボーナスがもらえる。

できるだけフルでオンにしておき、より効率的に経験値とお金を集めよう。

ボスはあえて放置でもOK

Cat Tower
20階くらいから徐々にモンスターが強くなり、死ぬ頻度が上がる。

勝てないボスを相手に無理やり戦ってもあまり意味がないので、十分強くなるまで放置を決め込もう。

ゲームの流れ

Cat Towerいきなりはじまるチュートリアル。ちょっと日本語がおかしいブサ猫にいろいろ教わろう。
そういや、こいつ名前なんていうんだろ…
Cat Towerザコを倒すごとに、階数表示の下にあるカウンターが減っていき、0になるとフロアクリアかボス戦に。
Cat Towerボス戦に失敗すると、ザコカウンターのかわりにボスボタンが表示され、タップすればいつでもボス戦に再挑戦できる。
Cat Towerめいっぱいアップグレードして、ボス戦に挑もう。
Cat Tower転生を行うと、その時点の到達階に応じてアセンションボーナスの魚がもらえる。猫の基本能力が10%ずつ上がっていく強力なアップグレードに使えるぞ。

「Cat Tower」序盤攻略のコツはひたすら放置すること

Cat Tower

スキルは3レベルごとに1つずつ開放され、転生しても消えない。

ゲーム中、画面下部のボタンを押すと「ふりまわす」「ブラックホール」「突進」「回復」の各スキルを発動することができる。

中でも「ブラックホール」は遠距離攻撃してくる周囲の敵を引き寄せる効果があり、「ブラックホール」→「ふりまわす」→「突進」の順でスキルを重ねがけすると効率的に敵を倒せるぞ。

お金がたまったら装備を強化し、レベルが上がったらマスタリーにポイントを振り分けボス戦に備えよう。

アップグレードは平均的に

Cat Tower
装備のアップグレードにかかるコストは武器・防具・マントともに全く同じように上昇してゆく。

このため、一種類を重点的に強化するよりも、全ての装備を平均的に強化したほうが効率がいいようだ。

転生で魚をゲットしよう

Cat Tower
20階を超えると、マスタリーポイントとレベルをそのままに、ゲームを最初からやり直すことができる。

アセンションボーナスの魚で猫本体の強化ができるだけでなく、セット済みのマスタリーポイントが一旦解除されるので、再配分してより深い階に到達できる組み合わせを模索しよう。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。