BONSAI~日本の伝統を育てて愛でる~

BONSAI~日本の伝統を育てて愛でる~

SEPTENI CROSSGATE

カジュアル育成ゲーム

読者レビュー

日本の伝統『盆栽』を愛でる癒しの育成ゲーム!小さな箱庭に壮大な世界を生み出そう!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

【BONSAI】

箱庭の中に一つの世界・宇宙を表現する。

わび・さびを感じる『盆栽』の世界を作り出す癒しのクリッカー育成ゲーム

「BONSAI~日本の伝統を育てて愛でる~」は、一つの箱庭の中で盆栽を育てていくクリッカー育成ゲーム。

宇宙空間に浮かぶ小さな星の中に、盆栽とその周囲の空間、仲間となる動物たちを配置して日本庭園のようなわび・さびの世界を生み出していこう。

スポンサーリンク

育て、癒される盆栽の奥深さ

BONSAIでは、育成には時間がかかる!実際の樹木の生長ほどではないが、ほんの数時間でやり切れるボリュームではないので、気長に盆栽を愛でていくのが正しいプレイスタイル。

だが、それだけにちょっとした成長が嬉しく、愛おしく、癒される時間になる―――ああ、これが盆栽の魅力なのかも知れない。

連打だけではないクリッカー

システムとしては純粋にクリッカー系なので、盆栽をタップしてを溜めて環境をレベルアップさせていくというシステムで、簡単に遊ぶことができる。

だが、むしろ放置していた時の恩恵の方が大きく、ただ慌ててタップ連打するより時間をおいてからじっくりとレベルアップする施設を選ぶサブゲームに最適なタイトルと言えるだろう。

まぁ、盆栽を愛でつつ時を忘れてタップしていることも多々あるのも確かだ。

スポンサーリンク

「BONSAI~日本の伝統を育てて愛でる~」の魅力は、温かみのあるグラフィック

【BONSAI】レビュー画像

テクスチャなしのモデルだからこその温かみ。

あまりリアル寄りにならない程度のグラフィック表現と、大きな動き(アクション性)を必要としない穏やかなゲーム性が魅力。

自分の作り上げた盆栽を愛でるために、本タイトルではVRモードも実装されていて、立体的に盆栽を楽しめるぞ。

あえてローポリゴン!

近年の3Dモデルはアニメや実写に近い表現が多用されている中、BONSAIではテクスチャなしローポリゴンのモデルで勝負している。

あえてローポリゴンにすることにより、写実的にしてしまっては味わえない想像で補填するファンタジックな温かみが表現された。

ほんの少しずつ成長していく盆栽

各施設や盆栽は、レベルアップや時間をかけることで本当に少しずつ成長する姿を見せる。

一気に成長するのではなく、樹木がを張り、を伸ばし、を茂らせていく過程を手順を踏んで見せてくれるので、教育ソフトとして見てもかなり優秀なんじゃないだろうか。

スポンサーリンク

「BONSAI~日本の伝統を育てて愛でる~」の攻略のコツ

【BONSAI】レビュー画像

しばらく間を開けてから見てみるのが重要。

タップして、レベルアップするというクリッカーゲームの基本だけでなく放置も重要な本タイトルだが、それだけでなくゲーム内でもやれる事が豊富

色々と手入れして、大きく立派な盆栽を作っていこう。

ガイドにもなる「毎日の手入れ」

いわゆるミッション形式で報酬ももらえる「毎日の手入れ」の内容は確認しつつプレイしていってみよう。

一つの目標としてこなしていけると、ダイヤなど施設増強に必要なものも手に入るので一石二鳥だ。

やっぱり放置後が楽しい

序盤ではタップでの獲得量が少ないため、数時間放置しておいた時の恩恵の方がはるかに高い。

なので、他のゲームで遊んだりしているうちに溜まった愛を使ってじっくりと盆栽の空間をカスタマイズしていくようにしてみよう。

ゲームの流れ

【BONSAI】レビュー画像

一つの小さな小さな星の中に、自分だけの盆栽を作っていこう。

ようこそBONSAIの世界へ!

【BONSAI】レビュー画像

盆栽を配置し、その周囲に施設や動物を配置。

幻想的な演出で空間が変換していく。

【BONSAI】レビュー画像

育て上げた盆栽はVRモードでより立体的に観ることもできる。

もっと大きくしたら全体をぐるぐる見まわしたいな。

【BONSAI】レビュー画像

放置による愛の増加はかなりおいしい。

さてさて、どこをレベルアップしようかな?

【BONSAI】レビュー画像

葉が茂れば選定したり、また新たな楽しみも生まれる。

自分だけの盆栽、自分だけの癒しの空間を育ててみよう!

下に続きます