ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)

ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)

評価4.0点

kokoromati

RPG

1ターンに9回行動が可能!装備品や行動パネルの「重さ」がカギを握るハクスラRPG

ダウンロード(Android)

ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon) androidアプリスクリーンショット1

パネルを選んで最大9回攻撃!

ヘヴィなシステムがおもしろい!ハクスラダンジョンRPG

「ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)」は、ひたすらダンジョンに潜って宝や仲間を持ち帰るボクセルグラフィックのハクスラRPGだ。

特定の名前を入力することで特別なキャラが生まれる独自のキャラメイクシステムを利用し、パーティを揃えて幾多のダンジョンに挑もう。

ダンジョン内では、探索とバトルの2つのイベントが書かれたパネルを使って行動する。

探索では移動や階段、宝箱、バトルといったイベントを任意で発生させることができ、バトルを選ぶと手持ちのパネルが裏返る。

パネルは1ターン中に1~9枚使用でき、叩くや斬るや回復などのアクションを選んで敵を倒し、経験値を得ながら進もう。

階段を使ってダンジョンの最下層までたどり着くとボスが出現。9枚のパネルを一気に消費する9回行動を駆使して勝利を目指そう。

ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)の特徴は重さを利用した探索システム

ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon) androidアプリスクリーンショット2

ボクセルグラフィックのキャラも可愛い。

ヘヴィとタイトルに付くだけあって本作には「重さ」の概念があり、ダンジョンに入るときのパネルの総数は仲間の数や装備品によって決まる。

仲間の数が少なかったり重い装備品を持ったりするとパネルの数が減ってダンジョン内での行動回数が少なくなり、バトルでもパネルが消費されるので探索時間が長いほど不利な状況に追い込まれる。

また、最下層でボスを倒してもそこでドロップした仲間を担ぎ(重量アップ)、最上階へと戻らなければならないという帰るまでが遠足ルールが設定されている。

この独自性によって探索中に状況判断力が求められ、パーティ編成における戦略も掻き立てられる。

非常に遊びごたえのあるシステムになっていた。

パネルの数は仲間2人で600個ほど持っていけるので序盤の操作で不自由さを感じることはなく、仲間を持ち帰って好きな名前を付けるキャラメイクシステムも斬新でおもしろい。

戦闘スピードがそれほど速くないのでテンポはそこそこだが、個人的にもオススメしたいRPGだ。

ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)の攻略のコツ

ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon) androidアプリスクリーンショット3

低階層で装備品集め、レベル上げを行おう。

新たなキャラはダンジョンの最奥にいるボスを倒し、そこでドロップした仲間を持ち帰ることで獲得する。

最下層へ向かうなら1階でなるべく多くの階段パネルを手札に残し、それ以外をバトルで一気に使って手持ちのパネルを一新するのがオススメだ。

また、キャラを育てたいなら1階でバトルを繰り返し、パネルも毎回9枚使って一斉攻撃を仕掛けるといい。

拠点に戻るときは階段パネルを1枚だけ残しておき、メニュー画面にある「方向進む」を戻るに切り替えて階段を使おう。

ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)攻略スクリーンショット1
ステージを選択してゲーム開始。スタミナ等の消費はない。
androidアプリ ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)攻略スクリーンショット2
探索パートではパネルを選んで移動や階段、宝箱やバトルといったイベントを発生させる。
androidアプリ ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)攻略スクリーンショット3
バトルでは探索中に選ばれていないパネルが裏返り、叩くや斬るといったアクションパネルに変化する。各キャラに対応したアクションパネルを選び、攻撃を加えよう。パネルは1ターンにまとめて9枚選べる。
androidアプリ ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)攻略スクリーンショット4
キャラはバトルで経験値を獲得し、拠点に戻った時点でレベルアップする。対応する武器を装備させると攻撃力が上がるが、ダンジョンへ持っていけるパネルの数が減る。
androidアプリ ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)攻略スクリーンショット5
ダンジョンの最奥にいるボスを倒して仲間を持ち帰り、拠点で名前を付けるとパーティに編成できるようになる。パーティの人数に比例して持っていけるパネルの数も増えるようだ。
ダウンロード(無料)

レビュワーコメント

納谷英嗣

「重さ」がカギを握るシステム。パネルの消費を抑えつつ探索やバトルを行うのがおもしろい。

納谷英嗣

バトルの倍速モードがほしい。

ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)の基本データ

タイトル ヘヴィダンジョン(HeavyDungeon)
パブリッシャー kokoromati
レビュワー 納谷英嗣
初回レビュー日 2017年3月30日
最終更新日 2017年3月29日
ジャンル RPG
タグ
こちらもおすすめ