ぬこしょうぎ

ぬこしょうぎ

評価3.5点

Yarukiman Tokkys LLC

ボードゲーム

ターンなし!待ったなし!長考なし!ノンストップで駒を動かしまくる将棋ゲーム

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

ぬこしょうぎ androidアプリスクリーンショット1

ターン制バトルではなくウェイトタイム制のバトルに変更された新しい将棋

いつでも動かせる、即動かせるターンの無い将棋ゲーム

ぬこしょうぎ 〜ノンストップバトル〜』はリアルタイムで駒を動かすことのできる将棋ゲームだ。

お互いの「」「」「王将」などの駒は猫の顔がついているだけで基本的な動きは普通の将棋と変わらない…が、このゲームにはターンが無い

1度動かした駒を再行動させるには数秒のウェイトタイム挟む必要があるけれど、動かせる駒の数、タイミングに制限は無し! 相手のターンを待つことせずにどんどん駒を動かして敵陣営を追い詰めよう。

相手も自分もガンガン動くので対局時間もかなり短く、サクッとプレイが可能だ。

『ぬこしょうぎ』では一つの局面にこだわらない広い作戦展開が可能!

ぬこしょうぎ androidアプリスクリーンショット2

駒が動くと「にゃーん」、駒を取られると「な”~ん」と鳴くので相手の動きを確認だ。

このゲーム、相手のターンを気にせずどんどん攻められるので、ついつい一点の攻撃に目が行きがちだけど、他の戦線や自陣防御だって大切だ。

多くの駒をタイムロスなしに動かすことが出来るのだから、攻撃と防御を同時に行ったり複数の戦線を維持したりといった、マルチタスクを意識してうごかしていこう。

複数の戦線から同時に攻めていく浸透戦術!

桂馬・飛車・香車を一塊に一気に直進させる電撃戦!

ターンが無い将棋だからこそできる戦略を行えるようになるとどんどんゲームが楽しくなってくるぞ。

『ぬこしょうぎ』の攻略法は「サバ缶」を集めてレベルUP

ぬこしょうぎ androidアプリスクリーンショット3

サバ缶は昇格してから集めたほうが効率がいいかも。対CPUでも昇格可能だし。

対局終了時にもらえる「サバ缶」は各駒をレベルアップさせ、ウェイトタイムを短縮させるアイテムだ。

敵陣に素早く切り込め、相手に気づかれづらい「」などのレベルを上げると役に立つぞ。

サバ缶は勝利を重ねてランクアップすればより多く手に入れることが出来るけど、対人戦がメインのこのゲームで高ランクを勝ち続けるのはちょっと難しいかも。

どうしてもランクアップできずに煮詰まってきた場合はスマホをオフラインに変えてCPUと対戦してみると目先が変わって面白い。

CPU戦は強引な奇襲などは即潰されてしまうので、相手に合わせて丁寧に削って行くと勝ちやすいぞ。

ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ ぬこしょうぎ攻略スクリーンショット1
タイトル画面。「はじめ」をタップすると即マッチング開始で対戦スタートだ。
androidアプリ ぬこしょうぎ攻略スクリーンショット2
駒の動かし方は本来の将棋のルールに準じるぞ。タイトル画面の「コマ」をスワイプして確認しておこう。
androidアプリ ぬこしょうぎ攻略スクリーンショット3
角による奇襲戦法はここでも有効。大抵角の交換になるけど、相手に気づかれなければ香車→桂馬と一気に駒が取れるぞ。
androidアプリ ぬこしょうぎ攻略スクリーンショット4
相手のコマを取ったら好きなところに配置可能。…対人戦なのでコマが密集している所にこっそり配置すれば相手に気づかれないことも。
androidアプリ ぬこしょうぎ攻略スクリーンショット5
逆に相手のコマの動きが把握できない時も有るので注意。…え? 王手? 何処から!?……焦ると真正面すら見えなくなることも。
androidアプリ ぬこしょうぎ攻略スクリーンショット6
勝利すれば「ランクポイント」とコマの強化に必要な「サバ缶」をGET。ランクポイントが溜まって昇格すればもらえるサバ缶の数が増えるぞ。
androidアプリ ぬこしょうぎ攻略スクリーンショット7
駒をレベルアップすると駒を動かした際のウェイトタイムが短くなる。
androidアプリ ぬこしょうぎ攻略スクリーンショット8
対戦の様子は保存しておいてリプレイ可能。ノンストップで把握しきれなかった棋譜を見直しておこう。
ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

レビュワーコメント

AI

将棋でありながら従来の将棋とは頭の使い方が全く違う、長考いらずのサクサクゲーム

AI

駒の種類が見分けづらく、タップが反応しづらい。

ぬこしょうぎの基本データ

タイトル ぬこしょうぎ
パブリッシャー Yarukiman Tokkys LLC
レビュワー AI
初回レビュー日 2016年8月30日
最終更新日 2016年8月29日
ジャンル ボードゲーム
タグ
こちらもおすすめ