一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう

一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう

評価3.5点

株式会社ウォーターフェニックス

アドベンチャーゲーム

死に続ける少女と滅んだ地球で二人きり。生きる喜びを教えるセカイ系サウンドノベル

ダウンロード(Android)

一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう androidアプリスクリーンショット1

少女は完全フルボイス。ボリュームあるのにスゴイ。

一言でいうと、セカイ系ノベル!

死に続ける少女主人公の二人が共に過ごすサウンドノベル「一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう」 

謎の少女「アサギリ」は何も無い場所で圧死、焼死、刺殺など様々な死因で絶命し、蘇り、また死に向かう。

荒野と化したセカイに二人だけ、退廃的な世界観、儚げな少女のフルボイス。そんな作品。

本作はAndroidのみ配信の無料体験版なので、物語の導入部を丸ごと30分程で終わる。

続きは有料版となり、11月20日までならセール中だ。iOSやWindow版もあるので、このセカイに浸りたくなったら是非購入しよう。

「一緒に行きましょう逝生」は終わりの無い死から少女を救うお話。

一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう androidアプリスクリーンショット2

声はとっても可愛いんだけど、やっぱりコワイ。

この作品における比喩ではなく、物理的に死ぬ事だ。

痛々しい描写と断末魔で流れる少女の死。そして少女は蘇り、自ら死ぬことを幾度と無く繰り返す。

そんな謎の化物を、主人公「鏡夜」も最初は心底恐れるが、記憶を失っていて一切の体の自由が効かず、彼女を頼るしか無かった。

進むに連れ状況を理解し、彼女の謎の行動の原因やセカイの謎が見えてくる。

そして思うのだ、苦痛しか知らない彼女に幸せを教えてあげたい、と。

死ぬ事しかない彼女のセカイに、主人公を通じて感情が芽生える。幼気な少女の成長物語は何時の時代も素晴らしいものです。

「一緒に行きましょう逝生」の攻略のコツや役立ちポイント。

一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう androidアプリスクリーンショット3

そりゃこんな生物、化物にしか見えないよね。

選択肢などは一切無い一本道ノベルなので、物語を楽しむことに集中出来る。

セーブはどの場面でも可能、最大100まで保存!

メニューも充実、スマホに最適化されたショートカット操作は素晴らしい。

幻想的なCGの数々は全画面表示、製品版にはCG鑑賞モードもあって満足。

ちなみにスマホ版には裸や血等の一部表現に若干規制がかかっていて、Windows版は規制無しです。

違っても物語に支障はない表現だけど、考慮していいかもね。

ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ 一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう攻略スクリーンショット1
人目で分かる操作法!こりゃ便利!
androidアプリ 一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう攻略スクリーンショット2
お話は何もないセカイで少女が目覚める所から始まります。
androidアプリ 一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう攻略スクリーンショット3
主人公は少女が死を繰返す様をいきなり見せ付けられることに。こりゃトラウマだ。
androidアプリ 一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう攻略スクリーンショット4
人も居なければ体も全く動かせない。
1人よりはマシという理由から化物に頼ることに。
androidアプリ 一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう攻略スクリーンショット5
でもセカイには主人公と化物二人だけなんだと。
そんな事言われても全く理解が追いつかない主人公。
androidアプリ 一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう攻略スクリーンショット6
また自ら死へ向かう化物。
ただそれば最初の印象でしか無く、普通の少女が無残に死んでいるだけであったと気付く。
androidアプリ 一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう攻略スクリーンショット7
少女は何度も繰返す死を、神への贖罪の為だという。
そんな事があってたまるものかと否定する主人公は、こう決意する。
androidアプリ 一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう攻略スクリーンショット8
死しか知らない彼女に幸せを教えてあげたい、と。

そんな不思議な少女と主人公の物語。

この先はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)

ダウンロード(無料)

レビュワーコメント

ノスミス

儚げな少女が何度も死ぬ、救いようの無さそうな退廃感。セカイ系はこうでなくちゃネ!

ノスミス

言わずもがな好みが別れるタイプ。死を当たり前のように取り扱うのは難しい。

一緒に行きましょう逝きましょう生きましょうの基本データ

タイトル 一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう
パブリッシャー 株式会社ウォーターフェニックス
レビュワー ノスミス
初回レビュー日 2015年11月12日
最終更新日 2015年11月11日
ジャンル アドベンチャーゲーム
タグ