Jurassic World™: ザ·ゲーム

Jurassic World™: ザ·ゲーム

Ludia

モンスター育成シミュレーションゲーム

8,469人がプレイ | 読者レビュー (0)

映画ジュラシックワールドの世界を超再現!50種以上の恐竜を孵化・育成して闘い合え!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Jurassic World™: ザ·ゲーム androidアプリスクリーンショット1

ああ!写真じゃ伝えられない恐竜の鳴き声!怖い!素晴らしい!

映画『ジュラシックワールド』公式ゲーム!大迫力の世界がここに!

『Jurassic World™: ザ·ゲーム』は今夏の話題の映画『ジュラシックワールド』の世界を再現したジュラシックパークを建設、バトルする恐竜シミュレーション。

人気作『Jurassic Park™ Builder』のクリエイターが再集結し作り上げたこの超美麗3Dの世界観を、映画と合わせて堪能しよう!

ゲーム自体は、テーマパークを作ったり、映画にも登場する50種類以上の恐竜を孵化・再生してコレクションしたり、恐竜を育てて闘わせる事ができたり、やり込み要素も非常に高い。

博物館や恐竜図鑑を眺めてわくわくした子供の頃を思い出して胸が高鳴るぞ!

スポンサーリンク

『Jurassic World™: ザ·ゲーム』の魅力はなんといっても恐竜達の再現度!

Jurassic World™: ザ·ゲーム androidアプリスクリーンショット2

この重厚感!昔一番好きな恐竜だったな……

本作『Jurassic World™: ザ·ゲーム』は映画『ジュラシックワールド』の世界を体験できるオフィシャルゲームだ。

プレイしていて、まず一番に目に付くのはその超美麗な3D!

公式ゲームというだけにそのクオリティは半端じゃない!

ビジュアルの他にもSEも素晴らしく、恐竜の恐ろしいほどの咆哮をぜひイヤフォンで聞いて欲しい!

何かが木々の奥に潜んでるかのような威圧感もありつつ、壮大で深く静かなBGMにも注目だ。

『Jurassic World™: ザ·ゲーム』の攻略のコツは恐竜の世話!

Jurassic World™: ザ·ゲーム androidアプリスクリーンショット3

お金などが貯まってきたらパークを開拓していこう!

このゲームは恐竜同士を闘わせて、勝っていくと様々な要素がアンロックされていく。

しかし、これがまた通常のゲームよりも敵が強い!

少し恐竜を強化しただけではあっさり負けてしまう……

対戦するにもゲーム内のお金がかかるので、できることなら勝ち続けていきたい。

そのためには恐竜にエサを食べさせてレベルを上げていかなくてはならない。

施設を積極的にアップグレードしたり建設して、できるだけ多くのエサやお金など資源を回収していこう!

ゲームの流れ

androidアプリ Jurassic World™: ザ·ゲーム攻略スクリーンショット1
まずはパークの空いた敷地に恐竜の種類ごとにケージを配置しよう!たまに恐竜をタップするとお金が手に入るので、たまにチェックするようにしよう。
androidアプリ Jurassic World™: ザ·ゲーム攻略スクリーンショット2
エサをレベルマックスまで上げたら進化ができるようになる。ステータスをあげたり、違う恐竜を孵化させることができるようになるので、どんどんレベルを上げていこう!
androidアプリ Jurassic World™: ザ·ゲーム攻略スクリーンショット3
ある程度育ったら、バトルに赴こう!左下のアイコンで恐竜に指示をだす。左から、待機・防御・攻撃
ポイントを消費して行動していくことになる。待機をすると1ターン動けない分ポイントが加算されるので、次のターン大ダメージが狙える。
状況をよく見極めて指示していこう!
androidアプリ Jurassic World™: ザ·ゲーム攻略スクリーンショット4
バトルは3匹まで恐竜を出撃させることができる。
かといって育っていないとあっさり三タテされるのでちゃんと育った恐竜だけ連れて行こう。
androidアプリ Jurassic World™: ザ·ゲーム攻略スクリーンショット5
エサを食べているだけなのに迫力が凄いんですよ!がっしゃがっしゃ!
androidアプリ Jurassic World™: ザ·ゲーム攻略スクリーンショット6
パークの従業員(映画にもでてくるよ!)たちがミッションを出題してくるので、それらをクリアすれば報酬がもらえる。
資源が足りない時はミッションをこなして稼ぐといいだろう。
androidアプリ Jurassic World™: ザ·ゲーム攻略スクリーンショット7
映画を鑑賞する前に、『ジュラシックワールド』の世界を体験してみてはどうだろうか?

下に続きます