3D野球盤DX

3D野球盤DX

iw-Ware

カジュアル野球ゲーム

読者レビュー

攻守をサクサク進められる良テンポの野球盤ゲーム

ダウンロード(iPhone)

3D野球盤DX androidアプリスクリーンショット1

簡単操作で野球を楽しもう。

サクサク遊べる野球盤ゲーム

「3D野球盤DX」は簡単操作で野球を楽しめるスポーツゲームだ。

野球を題材としたボードゲームとしておなじみの「野球盤」を3Dで再現。

対戦相手と先攻後攻を選び、ゲームを開始しよう。

攻撃時の操作は投げられるボールに合わせてバッティングボタンを押すだけ

打ったボールはフィールドを転がりOUTゾーンに入ると1アウト。HITゾーンに入るとベース上に走者が追加される。

ヒットやフォアボールによって走者が進塁し、ホームベースに到達すれば1点追加される。

守備時の操作はコースと球速を設定して投球ボタンを押すだけ。

野球盤の代名詞でもある「消える魔球」ボタンもあり、それを押すとホームベース手前に穴があいて球が吸い込まれる(※ボール判定となる)。

攻守を入れ替えながら9イニングを戦い、勝利を目指そう。

投打のテンポの良さが特徴

3D野球盤DX androidアプリスクリーンショット2

攻守をサクサク進められる。

タイミングを合わせて打つだけ。

コースと球速を指定して投げるだけ。

投球時の設定が回をまたいでも記憶されているなど余計な操作が省かれており、投打のアクションをサクサク進められるテンポの良さが一番の魅力となっている。

iPhone版にはBluetooth機能を使った近距離対戦モードがあるようなのでAndroid版でも同様のモードの追加を期待したいところだ。

ただ、イニングが9回に固定されていて3回や6回などで短く遊べない。

難易度設定がなく、一時停止ボタンもないなど細かい設定や操作感の不便さが見て取れた。

3D野球盤DXの攻略のコツ

3D野球盤DX androidアプリスクリーンショット3

ボール球でCPUは振ってくれる。守備はかなり楽。

打撃時は消える魔球にだけ注意してボールを打てばOK。

所感ではあるが少し早めにボタンを押すとヒットになりやすかった。

投球時はコースを左に、球速を真ん中から少し上あたりに設定し、ストライクからボールゾーンへ逃げる球を投げると打ち取りやすい。

消える魔球と併用してカウントを稼ごう。

(上記の逃げる球が消える魔球の板に引っかかてストライクゾーンへ跳ね返ることがあり、CPUはそれをほぼ打てない。おもしろさが半減するのでやらない方がいい)

ゲームの流れ

androidアプリ 3D野球盤DX攻略スクリーンショット1
対戦相手、先攻後攻を選んでスタート。現在、iPhone版のみBluetooth機能を使った2人対戦が行える。
androidアプリ 3D野球盤DX攻略スクリーンショット2
攻撃時の操作は、投げられる球にタイミングを合わせてバッティングボタンを押すだけ。
androidアプリ 3D野球盤DX攻略スクリーンショット3
打った球はフィールドを転がり、ヒット地帯に入ると走者が各ベースに追加され、OUT地帯に入ると1OUT。
androidアプリ 3D野球盤DX攻略スクリーンショット4
守備時には投げるコースと速さを設定し、投球ボタンを押す。投球後すぐに「消える魔球」ボタンを押すとストライクゾーン手前に穴が空き、ボールがそこに吸い込まれる(判定はボールとなる)。
androidアプリ 3D野球盤DX攻略スクリーンショット5
イニングは9回まであり、攻守を繰り返して点を多く獲った方が勝者となる。

下に続きます