連魂 ~ RenCon

連魂 ~ RenCon

SUZUKI PLAN

シューティングゲーム

読者レビュー

爆発が連鎖するアツさと爽快感に夢中になる!縦スクロールシューティング

連魂 ~ RenCon androidアプリスクリーンショット1

爆発の連鎖が恐ろしいほどの爽快感を生む!

パソコンゲーム初期のようなルックスの縦スクロールシューティング

連魂 ~ RenConは、縦スクロールのシューティングゲームだ。

一目見れば恐らくたいていの人が、チープだとかショボイといった印象を持つだろう。

何せ画面は白黒。

しかも、画面に走査線のようなエフェクトがかかっており、初期のパソコンゲームのような印象を受ける。

実際基本的なゲーム内容もレトロゲームのようにシンプル。

プレイヤーができることは左右に移動することと、ショットを撃つことのみ。

しかもショットの発射は、タッチしっぱなしではなく一発撃つ毎に一回タップするという仕様。

このゲームの一体どこがおもしろいのか?と思ってしまう。

だが、本作は爽快感がハンパない。もうめちゃくちゃハンパない!

何故かというと、爆発が連鎖するのだ。

敵が爆発するとその爆発に他の敵が巻き込まれ爆発、さらにその爆発に他の敵が…と、どんどん爆発が連鎖し、敵の軍勢があっという間にいなくなる。

この爽快さは一度味わうと確実にクセになるぞ。

連魂 ~ RenConの特徴は敵弾を破壊できること

連魂 ~ RenCon androidアプリスクリーンショット2

敵弾を撃つことで、連鎖的な爆発を引き起こす!

本作の敵キャラクターは、非常に硬くできている。

ショットを何発も当てないと倒すことができない。

なので、敵を倒して爆発を連鎖させようと思っても、なかなか連鎖させられない。

じゃああまり爽快感が味わえないのかというと、違う!

なんとこのゲーム、敵の弾もこちらのショットで破壊できるのだ。

敵の弾はショット一発で破壊でき、敵を倒した時と同様爆発し、爆発の連鎖のトリガーとなる。

画面を埋め尽くすほどの敵弾幕が連鎖的に爆発していき、敵をも巻き込んでいく様は爽快なことこの上ない。

これまでのシューティングゲームでは味わったことのない爽快さだ。

連魂 ~ RenConの攻略のコツは十分な量の敵弾が発生するまで待つこと

連魂 ~ RenCon androidアプリスクリーンショット3

弾丸が画面をギッシリ埋め尽くしている時こそ連鎖爆発のチャンス!

爆発を連鎖させていくためには、爆発の近くに敵か敵弾が存在している必要がある。

このため、敵や敵弾がまばらにいるような状況では、連鎖的な爆発は狙えない。

連鎖を狙うためには、敵が敵弾を撃つのを待ち、画面に十分な量の敵弾を発生させる必要があるぞ。

もちろん、画面に大量の弾丸がある状況は、自機が接触してミスになるリスクも高い

特に本作は、残機制でも体力制でもなく、一発当たれば即ゲームオーバーというシステムなので、相当なリスクだ。

このため、これ以上弾丸が増えるとヤバい…という状況になったらショットを放ち、爆発を連鎖させよう。

この時、回避することも考えておかないと、連鎖に巻き込まれなかった敵弾にぶつかってしまうので注意が必要だ。


    ゲームの流れ

    androidアプリ 連魂 ~ RenCon攻略スクリーンショット1
    まずはサウンドの選択。よほどの理由がない限り絶対にONにしよう。爽快感が違う!
    androidアプリ 連魂 ~ RenCon攻略スクリーンショット2
    超シンプルなタイトル画面。画面をタップするとゲームスタートだ。
    androidアプリ 連魂 ~ RenCon攻略スクリーンショット3
    次々飛来する敵を、連鎖爆発によって倒していこう。
    androidアプリ 連魂 ~ RenCon攻略スクリーンショット4
    敵弾に接触してしまうと、即座にゲームオーバー。残機とか体力とかいった軟弱な仕様は用意してないぜ!
    androidアプリ 連魂 ~ RenCon攻略スクリーンショット5
    ゲームオーバーになるとスコアランキングが見れる。過去の自分を超えた瞬間の嬉しさがたまらない。
    androidアプリ 連魂 ~ RenCon攻略スクリーンショット6
    自分の技術の成長度合いが実感できるように、タイトルからスコアの推移をグラフで確認できる。
    androidアプリ 連魂 ~ RenCon攻略スクリーンショット7
    コンフィグでは、画面の走査線のようなエフェクトの有無や操作方法等を変更できるぞ。
    androidアプリ 連魂 ~ RenCon攻略スクリーンショット8
    走査線を表示しない場合の画面がコレ。クリアーでまた違った印象を受ける。

      下に続きます