ダークロス

ダークロス

MICROLINK Corp.

王道RPG

読者レビュー

戦略性超重要!ゲーマー向けなレトロダンジョンRPG

ダークロス androidアプリスクリーンショット1

トラウマになりそうなこのモンスター。やればわかるでござるよ…。

キャラクターの成長要素一切なし!故にお手軽!だけどシビアなダンジョンRPG

「ダークロス」は古きよきレトロな3Dダンジョンゲーム。
なんと広告なし。

おじさん諸君には「ウィザードリィ」「世界樹の迷宮」みたいな雰囲気といえば伝わりやすいだろうか。
魔物や罠などの数々の危険が待ち受ける地下迷宮。
11人のキャラクターの中から最適なメンバーを選び、ダンジョンの走破を目指す。

キャラクターの成長要素一切なし!お手軽ダンジョンゲーム。
そうアプリの説明に銘打っているのだが、僕に言わせれば真逆。

成長要素が一切ないため、連れて行くメンバー、トラップやモンスターとの戦闘など、
闇雲に突っ込むだけでは全滅を余儀なくされる。
成長するのはプレイヤーの腕と冒険力だけというわけだ。
全員が生存するのは難しいが、ただ一人でも走破すればクリアだ。

ここらへんのシビアさも、まさにレトロな3Dダンジョン系RPGを踏襲しているといってもよい。
RPGではあるがパズルにも近い、ミスが許されないストイックなゲーム性に唸らせれた。

しかしDarkrossってどういう意味なんだろう…。

レトロでシビアな迷宮探索が最大の特徴

ダークロス androidアプリスクリーンショット2

11人の個性豊かな戦士たち。

しかしこのゲーム、昨今の美少女イケメン美麗グラフィックなRPGと違い、どこまでも無骨でストイックなゲームだ。

確かにレベルや武器、といった育成要素がないので、いつどこでも気軽にプレイができる。

それは確かに間違ってはいない。

だがこのゲームの本質はそこではない。

誰を連れて行くか。
罠を回避するか。
どこでアイテムを使うか。

といった戦略性だけが純粋に要求されるゲームなのだ。

モンスターとの勝敗は属性で決まり、ジャンケンでいう「あいこ」でもモンスターは倒せるが、その場合キャラクターは死亡する。

ダンジョン内にはトラップも張り巡らされており、戦闘要員ではなくトラップを解除したり、マップを表示したりする特殊能力をもったキャラクターも役に立つ。

ある意味「詰将棋」に近いものがあるかもしれない。

そうとう骨があるゲームなことは間違いない。

ダークロス 攻略のコツ

ダークロス androidアプリスクリーンショット3

何回も全滅して覚えていくしかない。

このゲーム、オートマッピング機能があるので安心といいたいところだが、
人選をミスった時点でクリアは不可能だ。
バトルは属性で決まる。
火は木に強く、木は水に強く、水は火に強い。あいこは相打ち。
無属性は他の属性に負ける。
闇属性は他の属性に勝つ。つまり普通にやると勝てない。

普通のRPGのように戦闘するだけでは全滅は必至だ。
戦闘要員にはなれずとも、トラップを回避できたり、鍵を明けたり、マップを表示できたりするスキル持ちのキャラもいる。
死してなお敵を倒したり味方を守る、犠牲の戦士たちもいる。

逃げること。
仲間を犠牲にすること。
姑息、臆病と言われるような行動も、時には必要になるだろう。

攻略のコツはたった1つしかない。
何度も死ぬこと。
死ぬことでマップは更新され、トラップもマップに表示される。
同じ過ちを踏まないように繰り返すことで、ダンジョンを走破できるようになっていくはずだ。
たぶん…。

ゲームの流れ

androidアプリ ダークロス攻略スクリーンショット1
タイトル画面。マニュアルやヒントも充実してるよ。
androidアプリ ダークロス攻略スクリーンショット2
プレイヤーが動くと魔物も動くのだ。
androidアプリ ダークロス攻略スクリーンショット3
アイテムを使うことも超重要だぞ。
androidアプリ ダークロス攻略スクリーンショット4
ダンジョンの数も多く歯応え充分。手応えも充分!
androidアプリ ダークロス攻略スクリーンショット5
この走破の証をとることが目標。
走破の証…。何に使うのかなぁ。。。

下に続きます