鬼武者Soul

鬼武者Soul

株式会社カプコン

シミュレーションRPG

基本プレイ無料

モリガンやバレッタなどのカプコンキャラも登場!鬼武者世界で乱世を制覇するSRPG

鬼武者Soul androidアプリスクリーンショット1

鬼武者の世界で大合戦。

武将を率いて戦う戦国SRPG!

「鬼武者Soul」は若き大名となり、波乱の戦国時代を生き抜く戦国シミュレーションRPGだ。

まず、タイトルに「鬼武者」と付いているが、関連性や原作の世界観はほとんど感じられないので注意。

実在した戦国武将メインのシミュレーションRPGとしては、バトルの演出が派手で見応えがあり、内政(街作り)パートも自由度があっておもしろい。

また、登場する武将には美麗イラストと杉田智和さん、坂本真綾さんなど豪華声優陣のボイスが収録されている。

「モリガン」や「バレッタ」など同社の格闘ゲームのキャラが参戦しているのもファンにとっては嬉しいところだ。

ハイスペック端末であれば動作も快適でサクサク遊べるSRPGになっていた。

カプコンの人気キャラも登場!

鬼武者Soul androidアプリスクリーンショット2

街づくり要素もあり。

ゲームの流れは街づくりの「内政」⇔クエスト形式の「物語」を進め、領地を豊かにしつつ自軍の武将を強化していくというもの。

内政ではお城や畑、造林所などを設置して資源や兵糧、資金を蓄えていく。

その資金を使って武将を強化し、戦国時代を舞台とした物語クエスト、各種イベントクエストや原作である「鬼武者」の物語を体験できるクエストを進めるのだ。

物語の各所には敵軍とのバトルが発生し、ド派手なエフェクトやボイスが流れる迫力の演出を楽しめる。

ただ、アプリを終了するボタンがない、低スペック端末だと動作が重くなる等の不具合が多い。

ゲーム的な面でも原作の「鬼武者」との関連性が薄く(物語はあるがそれでも薄い)、むしろ戦国武将やヴァンパイアシリーズの方がキャラ的に勝ってしまっている。

なんで、題材を鬼武者にしたのか分からないレベル……。

システムや演出は良いのだが、各項で物足りなさを感じてしまうゲームだった。

ゲームの流れ

androidアプリ 鬼武者Soul攻略スクリーンショット1
ゲストIDでログイン可能。初期設定でBGMや音声がOFFになっているので、気になる人はONにしよう。
端末の容量に余裕があるなら1200MBの初回データをDLした方が遊びやすい。
androidアプリ 鬼武者Soul攻略スクリーンショット2
続いてプレイヤー名、地方を選択していく。
地方ごとに最初に獲得できる武将が違う。杉田智和、沢城みゆき、小山力也(敬称略)など豪華声優陣がボイスを担当している。
androidアプリ 鬼武者Soul攻略スクリーンショット3
画面左に表示される入門アイコンをタッチしてチュートリアルを進めていく。
流れとしては、内政⇔物語(クエスト)を交互に進めるかたちだ。
androidアプリ 鬼武者Soul攻略スクリーンショット4
内政パートでは領地に様々な建物を設置し、資源や兵糧を蓄えていく。
androidアプリ 鬼武者Soul攻略スクリーンショット5
物語パートでは時間経過で回復するポイントを消費してステージの探索を行う。
androidアプリ 鬼武者Soul攻略スクリーンショット6
物語中に敵と遭遇するとバトルとなる。あらかじめ、自軍の武将を編成してセットしておこう。最初は自動編成ボタンがあるのでそれを活用すると楽。
androidアプリ 鬼武者Soul攻略スクリーンショット7
他プレイヤーとの合戦機能や各種イベント、キャンペーンも開催中。モリガンやリリスなど同社のキャラも多数参戦しているようだ。

関連動画

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。