ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編

評価3.5点

SEAMS

アドベンチャーゲーム

連続怪死事件の謎に迫る!人気ノベルゲームが登場

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 androidアプリスクリーンショット1

これは序章にすぎない。

ゲームの特徴

都心から離れた県境にある寒村「雛見沢(ひなみざわ)村」。この村は過去に、ダム建設による水没の危機を村民一丸となって阻止した経緯があり、彼らは強固な連帯感で結ばれていた。計画が凍結されてから5年後の昭和58年、雛見沢に主人公「前原圭一」が引っ越してくる。彼は持ち前の明るさから、すぐに村に馴染んでいったのだが……彼は、知らなかった。いや、知るよしもなかったのだ。この村で毎年起こる連続怪死事件のことを。
同人ノベルゲームからTVアニメ、コミック化と様々なメディアで人気を得た「ひぐらし」シリーズの原点をAndroid化。画面構成やキャラ絵、BGM等は原作のPCソフト版に近く、魅力的なキャラの掛け合い、田舎のノスタルジックな雰囲気とグロテスクな惨殺シーン(多少控えめにはなっている)のギャップを携帯でもそのまま楽しめる。なお、物語自体は「綿流し編」、「祟殺し編」と続いていくが、内容的にはこの鬼隠し編が一番おもしろい。普通はナゾときのある終盤の方がおもしろいんだけどね……。ひと通り遊び終わった後に選べる「おまけ」も嬉しいところだ。
難点はシステム説明がないこと。基本的な要素はそろっているが、文字の表示やスキップの速度調整ができない等、他のアドベンチャーゲームと比べると雑に見える。また、ゲームのTOPメニューにオプションがなく、infoボタンからwebサイトに飛んでもAndroid版とは別のゲームの紹介がなされているのは、いかがなものかと思う。
ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編攻略スクリーンショット1
最初に190MBほどのデータをダウンロードするので空き容量を確認しておこう。3G回線(au)で30~60分ほどで完了するが、途中で中止ボタンを押すと最初からやりなおしになるので注意。
androidアプリ ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編攻略スクリーンショット2
画面上をタッチして読み進める。なお、オープニングの圭一の語りのみ自動進行するようになっている。
androidアプリ ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編攻略スクリーンショット3
圭一の語りが終わると、本編の時系列へ。左下のシステムボタンを押すとセーブや文章のスキップが可能。邪魔だと感じたら非表示にすることもできる。
androidアプリ ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編攻略スクリーンショット4
主人公の圭一と竜宮レナ、園崎魅音、北条沙都子、古手梨花の5人がメインキャラクター。選択肢はなく、物語をなぞりながら事件の謎に迫っていくのがこのゲームの特徴となっている。今作は日常パートが長め。
androidアプリ ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編攻略スクリーンショット5
物語の節目には、ショートストーリーを楽しめる「TIPS」モードが挿入される。舞台背景やキャラ同士の平和な掛け合いを見たい人にとっては嬉しい機能だ。
ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)