【速報】ついにマリオやポケモンがスマホに!?任天堂とディー・エヌ・エーが業務・資本提携合意

任天堂株式会社と、株式会社ディー・エヌ・エーは、本日3月17日、グローバル市場を対象にしたスマートデバイス向けゲームアプリの共同開発・運営及び多様なデバイスに対応した会員制サービスの共同開発に関する業務・資本提携について合意したことを発表した。

業務・資本提携の概要・目的

任天堂は、昭和 58 年に「ファミリーコンピュータ」を発売して以降、独創的な娯楽製品を世界に向けて創り続け、「マリオ」を代表とする多数のキャラクターを創出し、ホームエンターテインメントの分野において、ゲーム文化の代名詞として世界に知られるブランドを確立。

DeNA は、創業以来インターネット領域で様々なビジネスに挑戦し続け、さらに平成 16 年より、いち早くモバイルに集中した事業を展開してきたことで、モバイルゲームをはじめとしたインターネットサービスの分野において、世界トップクラスのノウハウを蓄積してきた。

任天堂と DeNA は、これらの強みを融合することにより、グローバル市場を対象とした新たな事業機会を創造できると考え、協議を重ね、以下の業務提携を行うことに合意したということだ。

任天堂のキャラクターを含む任天堂の知的財産(以下 任天堂 IP)を活用したスマートデバイス向けゲームアプリの共同開発・運営

両社は、任天堂 IPを活用したスマートデバイス向けゲームアプリを、スマートデバイスのプレイスタイルに適した形で新規に開発・運営を行う。

なお、活用する任天堂IPには例外は設けないがタイトルは厳選される。

ゲーム専用機向けの過去タイトルをそのまま移植することもせず、スマートフォン向けの新たなゲームアプリを開発するということ。

さらに全く新しいコンセプトのゲーム専用機「NX」を開発しているということも発表された。

多様なデバイスに対応した新しいメンバーズサービスの共同開発

両社は任天堂のゲーム専用機だけでなく、PC、スマートフォン、タブレットなどの多様なデバイスに対応した新たな基幹システムを構築し、その基幹システムを用いた会員制サービスを、平成 27 年秋の開始を目指して共同開発していく。

上記の業務提携を行うにあたり、各々の事業に対する相乗効果と両社の中長期に渡る関係強化を図って、両社は資本提携を行うことに合意したということ。

スマートフォンゲームとして、マリオやポケモンが遊べるかもしれない!

今後も両社の動向を要チェックだ!

ライター: 編集部