藤川ありさのアリ☆アリ裏レビューvol.1

ゲームアプリのレビューをしている私ですが、実は1つのレビューのために何十本ものアプリの中から選定をしています。

選定から惜しくも外れてしまったもの、駄目すぎて論外のもの。表レビューではレビュー出来なかったゲームがいっぱいあるの!

せっかくなので色々ある中から私のツボに刺さった超個人的ヒットアプリをご紹介しちゃうよ!!

一本目は「ひきこも!

ひきこもりの育成をするとは魅力的なゲームじゃないかぁ!!とダウンロードした私。

ひきこも!タイトル画像

どこかで見たことのある字体。

タイトルが某軽音楽部のアニメのロゴをイメージさせるところが腹立たしい。
プレイしたがなんとも面白く無いゲームである。

ひきこも!プレイ画像1

ご飯をあげる。

床ドンならぬ壁ドンをされたらご飯を部屋の前に置いてあげる。

ひきこも!プレイ画像2

片付ける。

食べ終わったら片付けてあげる。

…。コレを作った人はひきこもりのことを何もわかっていないのだ。
まずひきこもりは一日三回決まった時間に食事を取ることなんてないわけ。

ましてや朝ごはんが午前7:00だなんておかしな話である。
午前7:00は引きこもりにとっては就寝時間なのだ。

みんなが寝静まってからがひきこもりのゴールデンタイム。
外が騒がしくなってきたら罪悪感を感じつつ眠りにつくというのが一般的な引きこもりのサイクルなのではないだろうか。

と、延々と偉そうに語っているが先に言っておく。

私は引きこもりではない!!

まぁとにかく。
この食事の時間がピッタリ決まっている所がリアリティをなくしているし、ゲーム性まで奪っていると思うのよね。これがランダムに壁ドンされたり、食事を選べたり…となると緊張感が出てハラハラ感があると思うんだけど。ゲームオーバーの時も、何のリアクションもなく終わってしまって面白みがない。

ひきこも!ゲームオーバー

ゲームオーバーになっても何もない。

設定的にはズキュンときたのにゲーム性が低くて惜しいなーと思ったゲームでした。

二本目は「Mermaid Attack (demo)」(マーメイドアタック)

こちらは個人的にはかなり気に入っているの!
私は童話の中で一番好きな話が人魚姫で、ゲームでも雑貨でも「人魚」というだけでものすごく惹かれてしまう所があるのね。

これもそんな流れでダウンロードしたんだけどプレイしてみてビックリ!!
船に寄って来た人魚たちを一人残らず撃ち殺すという残虐ゲームだったのよ!

マーメイドアタックタイトル

タイトル画面で様子がおかしい事に気付く。

あぁ……そういえばそうか…。

もともと人魚伝説って、歌で船乗りを惑わせ船を難破させるとかって話だもんね…。

衝撃を受けつつもプレイしてみたが意外と楽しい。

マーメイドアタックプレイ画像1

大砲で撃ち殺す。

血がブシュッと出る感じも嫌いじゃない。

マーメイドアタックプレイ画像2

最初はシンプルな船。

殺した人魚が一定の数を超えると、船が豪華になったり船員が増えたりする。

人魚さんには申し訳ないがかなりハマった。笑。

しかしながら万人受けはしないだろうなぁというのと、みんなに引かれたら嫌だなぁ。

という理由で泣く泣くボツに。

今回は2つのアプリをご紹介しましたがいかがでしたか?私、趣味がものすごく偏っているので、こんな感じの個人的ヒットアプリがまだまだありますの。

これからもゆるっとお付き合いいただけると嬉しいでーす!

いつかの私。

今日は後ろ姿だけなんだぜ。

いつかの私。気が向いたら次回以降で振り向くかも?!

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。