iOS向けにファミコン「ロックマン」シリーズが配信!今こそ倒せないエアーマンを味わう時

スマホゲーム ロックマンシリーズ ロックマン2

記事内の画像は筆者によるスクリーンショット


カプコンからファミコンアクションゲームの傑作「ロックマン」シリーズがiOSアプリとして配信された!

ソーシャルゲーム的にアレンジされたものではなく、売り切りの有料アプリであのファミコンのままの「ロックマン」を再現している。

金額はシリーズ共通で、原稿執筆時点では360円だ。

「ロックマンシリーズ」といえば、ファミコンソフトの時点で非常に難易度が高いことで有名だった。

過去作経験者としては「あの繊細な操作が必要なゲームを、スマホのコントローラーで本当にプレイできんの!?」…と気になるところだろう。

そこで筆者が操作性チェックを兼ねてプレイしてみた。

選んだのは「ロックマン」シリーズの中でも過去には「おっくせんまん」や「エアーマンが倒せない」など、動画でも話題になった「ロックマン2」! エアーマンを倒すことにチャレンジしてみたぞ!!

打倒エアーマン!

スマホゲーム ロックマンシリーズ ロックマン2
「ロックマン」シリーズは、代々好きなステージからチャレンジできるというシステムになっているので、いきなりエアーマンにチャレンジすることも可能。

ただ、ファンであればご存知の通り、ボスを倒してボスの武器を奪い、相手のボスの弱点武器を使用していく…というシステムのため、まだ誰もボスを倒していない状態では相性の悪いボスというのもいる

とはいえ、個人的にはエアーマンはさほど強くないという印象を小学生の時持っていた

…あれから30年近く経っているけども…。

バーチャルコントローラーでロックマンを操作

スマホゲーム ロックマンシリーズ ロックマン2
「ロックマン2」の場合、スマホの画面フルサイズではなく、真ん中の部分だけにゲーム画面が表示される。

そして、画面の左右に配置されたバーチャルコントローラーによってロックマンを操作。

ファミコンの場合ジャンプボタンと攻撃ボタンの2種類のボタンが配置されていたが、スマホ版はさらに武器チェンジボタンが配置されていて何気に便利

また、十字キーは「ぷにコン」や「ファイナルファンタジー」などのRPGで見られるようなスワイプで動かすタイプではなく、上下左右タップした箇所が反応するというタイプ

操作性は慣れればイケる

スマホゲーム ロックマンシリーズ ロックマン2
実際に操作してみた感覚としては、まずジャンプと攻撃が同時に出しづらいと感じた。

筆者が操作しているのはiPhone7plusなのでボタン自体が大きく、さらにボタンとボタンの間にスキマも空いているため、ファミコンのABボタン同時の押しのようには反応できない

また、左→右と咄嗟に振り向く場合、指を大きく動かしてタッチする場所を変える必要があるため、振り向きたいのに振り向けないというケースも…

ただこうした問題点はプレイする内に指がボタンの位置感覚を覚え、さほど気にならなくなった。

エアーマンを倒せた!

スマホゲーム ロックマンシリーズ ロックマン2
エアーマンステージは、足場の悪い空中が続くステージ。

思わず慎重に進みたくなってしまうが、実は多少のダメージは気にせずガンガン突き進んだほうが上手くいく

「懐かし~!」と思いながら進めていくと、2度ミスしただけでエアーマンの元に到着!

エアーマンは複数の竜巻を繰り出して攻撃してくる。

この竜巻をジャンプでタイミングよく回避することさえできれば、初期状態のロックマンでもさほど難しくない

結果…打倒!エアーマンを倒したぞ!!
スマホゲーム ロックマンシリーズ ロックマン2

ロックマン6まで一挙配信開始!

Androidではまだプレイできないのが残念だが、iOSなら初代「ロックマン」~「ロックマン6」まで配信中だ!

初代「ロックマン」からプレイするのもいいが、子どものころの思い出が籠もった作品をプレイするのがオススメ! プレイしていると子どものあのころを思い出す…!

ロックマン モバイル

ゲームをはじめる

ロックマン2 モバイル

ゲームをはじめる

ロックマン3 モバイル

ゲームをはじめる

ロックマン4 モバイル

ゲームをはじめる

ロックマン5 モバイル

ゲームをはじめる

ロックマン6 モバイル

ゲームをはじめる

やっぱりスマホは無料ゲームだろ!?という方はコチラ

「スマホで本気難度のゲームをプレイするのはちょっと…」とか、「カジュアルに無料で遊びたい!」とか、「AndroidだからiOSゲームは遊べない!!」という方にはコチラのアクションゲームはいかが!?

Archer Dash 2

Archer Dash 2はゲームボーイ風のグラフィックと燃える8bitサウンドがたまらない、レトロ風のアロー・アクション。

だが、本作最大の魅力は「懐古主義者向き」なグラフィックやBGMだけではない、「アクションゲームとしての快楽性」にある。

オート系のランアクションながら、タップする長さで高さ調節ができ、また弓を引き絞る時のシューティング要素がたまらない。

言い過ぎかもしれないが「スーパーマリオラン」が配信されてない現在、プレイされるべきAndroidのランアクションはコイツだ!と思っている。

ゲームをはじめる

Doofus Drop

Doofus Dropはまぬけな鳥を自転車と屁でどこまでも飛ばしていくぶっ飛ばし系バースト・バード・アクション。

プレイヤーは自転車を漕ぎ、崖から転げ落ちる鳥をタイミングよく「屁をこいて」飛距離を伸ばし、手に入れた☆を使って自転車などを強化していく。

手書き風のグラフィック、モノトーンの世界、ステージに転がるトラップたちが醸すダークな世界観の雰囲気は抜群で、ついついリプレイしてしまう。

キャラクターもティム・バートンの映画のようなユニークさがあり嫌いじゃない。まるで狂ったキョロちゃんのようだ。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

ワルキューレのおたま

『ワルキューレのおたま(わるたま)』は、食器の「おたま」を投げつけて敵を倒すアクションゲーム。

仲良しだったケモノっ子姉妹だが、ある日お姉ちゃんが攫われてしまう。取り返す為の旅に出るのだ!

操作は左右への移動・ジャンプ・おたま投げ。連射もできるし、パワーを溜めて高めに投げ、滞空時間を伸ばせる。

アクションとしても面白いし、8bit感やカービィのような優しい雰囲気がとても魅力的。

1プレイは5分程と短くてすぐ遊び切れるので、気軽に触ってみて欲しい作品だ!

ゲームをはじめる

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。