【ガルトラ 攻略】『先生、始める前にちょっと確認事項ですよ!』リセマラで狙っておきたいキャラクターやゲーム序盤のオススメの進め方を紹介!星3でも意外と使える「巨大お注射」武器紹介していきます!

放課後ガールズトライブ ガルトラ 攻略

画像は全て記者のスクリーンショット

豪華声優陣による全編フルボイスストーリーも魅力

放課後ガールズトライブ

ゲームをはじめる

「放課後ガールズトライブ」(ガルトラ)は、生徒である少女たちとともに異なる2つの世界を行き来する覚醒少女バトルRPGだ。

世界を襲った災厄「黒い霧」。それに唯一立ち向かえる覚醒少女たちの先生となり、黒い霧を倒しながら彼女たちを育て、絆を紡いでいこう。

スポンサーリンク

ガルトラのリセマラで狙い目であるキャラを紹介

ガルトラにおいて記者がオススメするリセマラキャラクターを紹介するので是非参考にしてもらいたい。

サンタコスのキャラクターではなくEXキャラクターを狙う

現在、ガルトラでは初回の10連ガチャでサンタコスのキャラクターが1体確定する。

放課後ガールズトライブ ガルトラ 攻略

なので、残りの9回のガチャの中からサンタではなくEXキャラクターを狙うのが良い。

どうしても複数のサンタコスが欲しいのであれば別だが、サンタの確定分を除いた残り9回の中からEXキャラクターが出るまでガチャを引き直しするのをオススメする。

なぜEXキャラクターが良いのか

ガルトラでは星5のキャラクターが最高レアである。

サンタもEXキャラクターも星5で同じレアリティなのだが、ステータスとスキルがサンタよりEXキャラクターの方が高い

スキルに関しては、威力上昇のパーセントが10%以上EXキャラクターの方が高くなっている

放課後ガールズトライブ ガルトラ 攻略
放課後ガールズトライブ ガルトラ 攻略

序盤の進め方

リセマラが終わってからゲームを進めるにあたって、何から始めたら良いかわからない人に、オススメの進め方を紹介。

手に入れたキャラクターと武器のレベルを上げる

強化ミッションで強化に必要な素材が手に入る強化石のクエストを周回しよう!

強化ミッションでは行動力を使うものの、経験値もその分多くもらえるので、最初はひたすら回ることができるぞ!

放課後ガールズトライブ ガルトラ 攻略

各ステージには推奨レベルが表記されている。

そのレベルに満たない場合は、クリアが非常に困難だ。

オート機能を使用して周回することが多くなるはずなので、しっかりレベルは上げてキャラクターを強くすることを第一に優先してもらいたい。

放課後ガールズトライブ ガルトラ 攻略

メインストーリーを進める

ガルトラではメインストーリーの行動力は0で、何回でも遊ぶことができる。

ランクを上げたりすることができ自身の行動力が尽きてしまったら、メインストーリーを進めていこう!

ランクアップ時の行動力回復は上乗せされていくので、たくさん行動力を貯めていくのも良いだろう。

入手しやすい星3でも使える武器を紹介

巨大お注射

放課後ガールズトライブ ガルトラ 攻略

注射器そのまんまのデザインで能力も想像通りで、味方のHPを回復することができる。

回復技は貴重で優秀な武器!

星3でレアリティもそこまで高くないのでお手頃だ。

序盤でのイベント攻略でも大活躍するので是非使ってみてもらいたい!!

まとめ

ガルトラは自分の好きなキャラクターの衣装を揃えるのも面白みの一つで、リセマラでは選ぶことができるので妥協はしないのが良いだろう。

コンテンツもイベントがあったりアリーナなど沢山ある

迷ってしまったり、とにかく進めたい人は序盤はオススメした進め方を参考に遊んでみてもらいたい。

きっと攻略が楽になる!

編集部オススメゲーム「FINAL FANTASY LEGENDS II(FFレジェンズⅡ)」

★4.0 王道、ここに極まる。現在・過去・未来を移り渡り、幻獣を召喚して戦うファイナルファンタジー!

af01
af01

【Androidでダウンロード】
【iPhoneでダウンロード】

『FINAL FANTASY LEGENDS II(FFレジェンズⅡ)』は、幻石と呼ばれるクリスタルを巡って物語が展開される新生ファイナルファンタジー。

現在、過去、未来、そして幻獣が住む異なる世界。様々な舞台と、数多の時空を超えて、多くの仲間達と出会っていく。

バトルはシリーズお馴染みのターン制コマンド式。それでいて可変式の行動順リストや、召喚ゲージなどの新システムも。

ドット絵がアニメーションで滑らかに動く美麗グラフィック、3D表現を交えた迫力の演出、心に染み渡るかのようなサウンド。

FFらしさを丁寧にしっかり表現、更に楽しめるよう進化させた、王道そのものと呼べるRPGだ。

ライター: 編集部