【遊戯王デュエルリンクス 攻略】メテオブラックドラゴンの登場までに『レッドアイズデッキ』を作って準備しよう!デッキレシピやオススメポイントを紹介!

遊戯王 遊戯王デュエルリンクス 攻略

画像は全て記者のスクリーンショット

デュエルがどこでもできちゃう!

遊戯王デュエルリンクス

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

遊戯王デュエルリンクスは、KONAMIから登場した、トレーディングカードゲーム遊戯王のアプリバージョン!

原作で大活躍した、おなじみの遊戯海馬達とアプリでデュエル(対戦)ができる!全国対戦モードやフレンド対戦機能もあり、やり込み要素が盛りだくさんのコンテンツ。

自分だけのデッキを構築して、友達と対戦しよう!

スポンサーリンク

今度の城之内はメテオブラックドラゴンを使ってくる可能性が!

ジャンプフェスタでは遊戯王デュエルリンクスの今後の追加予定の可能性があるペガサス、闇マリク、闇バクラのレジェンドデュエリストと対戦が出来た。

さらに既存のレジェンドデュエリストのデッキにも新たなカードが追加されていた。

城之内のデッキメテオブラックドラゴンが確認されたのもあり、今回はメテオブラックドラゴンの登場に備えた、レッドアイズデッキを紹介する。

レッドアイズデッキの紹介

レッドアイズデッキはメテオブラックドラゴンをデッキに入れることを想定して作成。

今、実践で使う場合は融合カードなどは外しておこう!

デッキレシピ

デッキ内容は20枚構成で、レッドアイズ3枚、黒竜の雛3枚、デスハムスター3枚、ハネハネ1枚、メテオドラゴン3枚、融合3枚、道連れ1枚、巨竜の羽ばたき1枚、迷える仔羊2枚、エクストラにメテオブラックドラゴン。

メテオドラゴンなどが登場していない場合は、迷える仔羊と道連れを増やしメタル化魔法反射装甲などを加えれば問題はない。

まだ登場はしていないカードではあるが、メテオブラックドラゴンを召喚するためにもメテオドラゴンや融合は3枚入れておきたい

遊戯王 遊戯王デュエルリンクス 攻略

レッドアイズデッキのオススメしたいポイントは2つ!

ポイント1:メテオブラックドラゴンの登場でデッキ強化が期待できる!

メテオブラックドラゴンは融合モンスターでレッドアイズを融合素材にする。

今回のデッキのベースになるのがレッドアイズなので融合召喚にも、もちろん対応する。

攻撃力3500を出すことができるメテオブラックドラゴンは今のデッキに加えることで全体的に強化されること間違いなしだ!

ポイント2:黒竜の雛や迷える仔羊といったレッドアイズの召喚を補助するカードが豊富

レッドアイズデッキは迷える仔羊トークンからセットが可能なうえ、黒竜の雛からの特殊召喚も可能で素早い召喚が可能だ

遊戯王デュエルリンクス 遊戯王 攻略

メタル化魔法反射装甲も入れておけばデッキからレッドアイズ・ブラックメタルドラゴンが特殊召喚できると、流れるようなデッキ回しが魅力。

レッドアイズ・ブラックメタルドラゴンは攻撃力2800あり上級モンスターの中でもトップクラスの攻撃力だ!

遊戯王 遊戯王デュエルリンクス 攻略

さらに種族はドラゴン族なので、魔法カード巨竜の羽ばたきやスタンピングクラッシュといった魔法・罠カードを破壊するカードも豊富で戦闘を有利に行えるぞ!

遊戯王 遊戯王デュエルリンクス 攻略

まとめ

レッドアイズデッキは作っておきたいデッキである

黒竜の雛の登場やメタル化の使いやすさを見ても環境カードを使って構成できるのでデッキの戦闘力もある。

また、ジャンプフェスタでの情報でも登場の可能性が高いメテオブラックドラゴンをすぐに実践で使えるようにしておくにはレッドアイズデッキを作るのは一番の近道と言えるのだ。

今週の編集部オススメゲームその1「FINAL FANTASY LEGENDS II(FFレジェンズⅡ)」

★4.0 王道、ここに極まる。現在・過去・未来を移り渡り、幻獣を召喚して戦うファイナルファンタジー!

af01
af01

【Androidでダウンロード】
【iPhoneでダウンロード】

『FINAL FANTASY LEGENDS II(FFレジェンズⅡ)』は、幻石と呼ばれるクリスタルを巡って物語が展開される新生ファイナルファンタジー。

現在、過去、未来、そして幻獣が住む異なる世界。様々な舞台と、数多の時空を超えて、多くの仲間達と出会っていく。

バトルはシリーズお馴染みのターン制コマンド式。それでいて可変式の行動順リストや、召喚ゲージなどの新システムも。

ドット絵がアニメーションで滑らかに動く美麗グラフィック、3D表現を交えた迫力の演出、心に染み渡るかのようなサウンド。

FFらしさを丁寧にしっかり表現、更に楽しめるよう進化させた、王道そのものと呼べるRPGだ。

ライター: 編集部