「メディア」神話の世界で愛する人と冒険し裏切られたヤンデレ魔法少女(熟女?)を大特集!みんな仲良し!仲良しさんでいきましょう!【Fate:キャラ特集】

画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=mQQyJtf4zqQ

画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=mQQyJtf4zqQ

アルゴノーツを成功に導いた魔術師。

イアソンに冒険へ連れ出された世間知らずのお姫様

それが―――

「メディア」

神話の世界で愛する人と冒険し裏切られたヤンデレ魔法少女(熟女?)を大特集!

みんな仲良し!仲良しさんでいきましょう! byメディア〔リリィ〕

FGOでの「メディア〔リリィ〕」

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア(リリィ)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア(リリィ)

真名:メディア〔リリィ〕
身長:149cm
体重:41kg
出典:ギリシャ神話
地域:ギリシャ
属性:秩序・善
カテゴリ:地
性別:女性
CV:野中藍
キャラクターデザイン:こやまひろかず
設定作成:東出祐一郎

『Fate/Grand Order』に登場する「キャスター」クラスのサーヴァント。

本編の第三章で、AD.1573年大海原に召喚されてイアソンに従順に付き従っている。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア(リリィ)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア(リリィ)

英霊の座からサーヴァントとして召還されている以上、生前の記憶も全て持っているが、あえて何も知らない少女として振る舞う。

性格的には、少女時代の無垢な姫としてのそれに近いが、本質的な部分は同じなようだ。

主人公陣営にイアソンが追い詰められると、「守るため」という名目で彼を魔神フォルネウスへと変貌させてしまう。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア(リリィ)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア(リリィ)

彼女のは、どこまでいっても重い―――ってか、復讐半分じゃ?w

基本的に、良い子で、純真で人を信じやすいお人好し

浮世離れしたお嬢様で、仲良しが一番と公言する程。

しかし、本質的な部分では、人間への不信感に満ちている為、「信じる」のではなく「信じたい」という願いがリリィの根幹にある。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア(リリィ)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア(リリィ)

コラボイベント「魔法少女紀行 ~プリズマ・コーズ~」において、イアソンとの夫婦漫才も定番となってきた。

また、同イベントでリリィの状態でもモデラーであることが明確になった。

Fateでの「メディア」

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア

真名:メディア
身長:163cm
体重:51kg
出典:ギリシャ神話
地域:ギリシャ、コリントス
スリーサイズ:B82/W57/H84
属性:中立・悪
カテゴリ:地
性別:女性
イメージカラー:紫
特技:奸計、模型作り
好きなもの:寡黙で誠実な人、可愛らしい服と少女
苦手なもの:筋肉ダルマ
天敵:バーサーカー
CV:田中敦子
キャラクターデザイン:武内崇、ネコタワワ(Grand Order)
衣装・武器デザイン:こやまひろかず
設定作成:奈須きのこ

『Fate/stay night』『Fate/Grand Order』にて召喚された「キャスター」クラスのサーヴァント。

『Fate/stay night』では、自身を召喚した魔術師(マスター)に見切りを付けて殺害、逃亡した。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア

本来は2日程はマスター無しでも現界可能なのだが、マスターが自らより優れた魔術師であるキャスターへの嫉妬から魔力量を極端に制御していたために間もなく消滅の危機に陥る。

消滅に瀕した彼女の前に偶然通りかかった葛木宗一郎に助けられ、彼の居候先の柳洞寺に保護された。

そして、手に入れたささやかな日常、それを守るため、行動を開始するのだった。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア

本編では語られないが、実はバーサーカーであるヘラクレスとは生前で面識のある知り合い。アルゴノーツで共に戦った仲間

狂化のせいで会話が成立しないためもあるが、「stay night」では絡みは無いのが残念。

彼への当てつけか、苦手なものは「筋肉ダルマ」である。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア

かわいい女の子や、かっこいい男を好む反面、イケメンは嫌いらしい。

つまり、間接的に葛木はイケメンではな―――げふんげふんw

神話での「メディア」

メディアは、ギリシャ神話に登場するコルキス(現グルジア西部)の王女

ヘカテ―神殿に仕える神官でもあり、ヘカテ―ゆかりの魔術を操る。

イアソンの率いるアルゴノーツに参加し、冒険を成功に導いた功労者。

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/メーデイア

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/メーデイア

元々は、ギリシャに征服された地方の土着の女神であった存在が、ギリシャ神話に併合されたと考えられる。

メディアの物語は、アルゴノーツのイアソンの物語の中に語られるものがほとんどで、彼の為にかなり非道な行いを続けている。

追ってから逃れる為、バラバラにして海にばら撒いたり、ペリアース王バラバラにして鍋で煮込んだり・・・

バラバラにしてばっかりだなぁ・・・おっかない。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア(リリィ)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?メディア(リリィ)

ここまでしてイアソンの為に尽くし、彼との間にたくさんの子も作ったのだが、彼はコリントス王クレオーンの娘グラウケと結婚しようとする。

この裏切りには、そりゃあ、メディアでなくとも怒るだろう。

メディアは、グラウケに結婚衣装を送る。

画像出典:http://blog.livedoor.jp/kaigai_no/archives/44138986.html

画像出典:http://blog.livedoor.jp/kaigai_no/archives/44138986.html

その衣装を着たグラウケの体は燃え上がり、助けに入った父クレオーンともども灰になってしまう。

イアソンはというと―――逃げ出しやがったw

逃げて逃げて、放浪の先に崩壊したアルゴー船の下敷きになって死亡したという。

この後、メディアアキレウス(ラテン語ではアキレス)と結婚したとする話もあり、もしかするとしっかり幸せをつかんでいたのかもしれない。

どちらにしても、イアソンが連れ出さなければ、彼女の人生は違ったものになっていたに違いない。

ある意味、神話時代のヤンデレだw

Fate好きにオススメのゲーム「シノビナイトメア」

★4.0 スタイリッシュバトル+3Dダンジョン探索!乙女のお尻を眺めて進む豪華絢爛なコマンドRPG

【Androidでダウンロード】
【iPhoneでダウンロード】

『シノビナイトメア』は、4人のクノイチを動かし、「サムライ」の魂を召喚して戦う3DダンジョンRPG。

フィールドはマス目で構築されてて、三人称視点で探索するので画面が華やか。宝箱などのギミックも。

バトルはターン制コマンド式、敵の弱点を付いたりクリティカルで体制を崩すとダウン。「追撃」や「総攻撃」でフルボッコできる。

戦闘システムやハイセンスなUIなど「ペルソナ4」を彷彿とさせる楽しい雰囲気がある。

ここに忍らしい古風で幻想的な和テイストがベースとなっていて、その有様はまさしく豪華絢爛!

しかも本作のスタミナ回復は温泉を利用するんだぜ!

ワクワクする世界観、ハイクオリティなビジュアル、スタイリッシュな戦闘、ほぼフルボイス。全てが高水準で、一度は体験すべき作品だ!

アプリゲットが贈る「Fate特集」もご覧ください!

murasaki_weep

TYPE-MOON作品・奈須きのこさんの大ファン!記者むらさきが、Fateシリーズを徹底紹介!「Fate特集シリーズ」をご覧ください……。

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。