「グランゾン」シュウ・シラカワの設計したオーバースペックの機体!オールドファンのトラウマとなる真の姿へ変貌するアーマードモジュールを特集!眠りなさい。縮退砲……発射!【ゲーム年代史:スパロボ編】

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

対異星人戦闘用アーマードモジュール

邪神ヴォルクルスの力の依代としての機体。

それが―――

「グランゾン」

驚異的な力を秘めた「グランゾン」、そして真の姿であるオールドファンのトラウマ「ネオ・グランゾン」を大特集!

眠りなさい。縮退砲……発射! byシュウ・シラカワ

驚異を秘めたアーマードモジュール
グランゾン

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

機体名:グランゾン
型式番号:DCAM-00
EI-YAM-003(ディバイン・ウォーズ)
R-0(αシリーズ)
分類:対異星人戦闘用アーマードモジュール
全高:27.3 m
重量:42.8 t
全備重量:85.6 t
動力:対消滅エンジン
ブラックホールエンジン
エネルギー:ブラックホール・アストラルエネルギー
MMI(マン・マシン・インターフェース):カバラ・プログラム
推進機能:ネオ・ドライブ
装甲材質:超抗力チタニウム
設計:シュウ・シラカワ / エリック・ワン
開発:ディバイン・クルセイダーズ(αシリーズ)
EOTI機関(OGシリーズ)
所属:設計者シュウの強奪により現在の扱いは個人所有機
主なパイロット:シュウ・シラカワ
メカニックデザイン:青木健太

ラ・ギアスの破壊神「サーヴァ・ヴォルクルス」の力を宿した真の姿である「ネオ・グランゾン」の仮の姿。

シュウ・シラカワが設計し、自らが操縦する戦闘用アーマードモジュール

機体にはシュウ自身が組み込んだネットワーク端末「リドル」ネットワーク「マハ―カーラ」に接続される。

管理システム「カバラ・プログラム」を起動させる事で「ネオ・グランゾン」へ変化するコトが可能となる。

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

グランゾン開発時に、シュウはヴォルクルスに支配された状態で、邪神の力を宿すための機体を作らされた。

邪神の力を宿す真の姿
ネオ・グランゾン

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

機体名ネオ・グランゾン
分類:変異型アーマードモジュール
全高:35.8 m
本体重量:65.2 t
全備重量:98.8 t
エンジン:ブラックホールエンジン
対消滅エンジン
補助機関:バリオン創出ヘイロウ
ヴォルクルスの羈絏
縮退炉
エネルギー:アストラル界のエネルギー・重粒子バリオン・エーテル
装甲材質:超抗力チタニウム
推進機能:ネオ・ドライブ
補助MMI:カバラ・プログラム
所属:個人所有機
設計:シュウ・シラカワ
主なパイロット:シュウ・シラカワ
メカニックデザイン:寺島慎也

破壊神「サーヴァ・ヴォルクルス」の力を解放したグランゾンの真の姿

単体でスーパーロボット軍団に匹敵する耐久力を持ち、戦闘力は破壊神そのものを思わせる「縮退砲」を装備している。

驚異的な力を誇るが、「ヴォルクルスの羈絏」(両肩のジェネレーター)によりシュウ自身が邪神の呪縛を受けてしまう。

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

過去、第三次スーパーロボット大戦のラスボスで登場した際には、ネオ・グランゾンの攻撃時にはプレイヤーは一撃でやられない事を天に祈ったという。

画像出典:http://mii5.at.webry.info/200903/article_17.html

画像出典:http://mii5.at.webry.info/200903/article_17.html

オールドファンの多くは、ネオ・グランゾンのBGMトラウマになる程で、その強さはハンバではなかった。

当時は、攻撃を受ける時に回避防御などの選択ができなかったという、システム的な難しさもあったのだろう。

ちなみに、グランゾンは、企画時には単体のオリジナル作品「武装機甲士グランゾン」として「魔装機神サイバスター」とは別の候補だった。

内容としては、主人公であるシュウ・シラカワが異星人と戦うダークヒーロー的な作品の予定だった。

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

画像出典:http://stordoraken.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

その設定を活かし、サイバスターの物語に組み込まれた為、グランゾンのみ機体のカテゴリ「アーマードモジュール」と他に無いモノとなっている。

強さとシュウの唯我独尊な性格もあり、スパロボオリジナル作品群の中でも人気は高く、敵であれ味方であれ登場回数はそれなりに多い。

元々主人公キャラとして作られていただけあって、設定が色々とカッコいいのがポイント。

最近では厨二臭いと言われたりもするが、それはそれw

アプリゲットが贈る「ゲーム年代史」もご覧ください!

murasaki_weep

レトロゲームなら任せろ!記者むらさきが贈る受験に役に立たないゲームの歴史「ゲーム年代史」をご覧ください……。

シェアする