ロッチの「コスモス」が生んだやり過ぎなパチモン「宇宙戦士ダンガム」!超合金ダイカスト製と銘打った珍妙なフィギュアシリーズ!【パチモノプラモ戦記:外伝】

画像出典:http://pikihouse.cocolog-nifty.com/pikihouse/2010/07/no652-03ae.html

画像出典:http://pikihouse.cocolog-nifty.com/pikihouse/2010/07/no652-03ae.html

1980年代に「ロッチ」問題というパチモン騒動があった。

その発生源が、「コスモス」という玩具メーカー。

「コスモス」は、カプセルトイを中心に活躍し、数々の伝説的な商品を数多く残したコトで非常に有名になった。

その伝説の一端―――

「宇宙戦士ダンガム」

今回は、プラモデルではないが、パチモノ玩具のこちらをピックアップ!

パチモノプラモ戦記:外伝として、パチモノ玩具「宇宙戦士ダンガム」を特集していくぞ!

「コスモス」って?
「ロッチ」事件を知ってるかい?

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/コスモス (玩具メーカー)

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/コスモス (玩具メーカー)

玩具メーカーの「コスモス」は、1980年代に駄菓子屋の玩具を中心に商品を展開していた。

カプセル玩具の自動販売機である俗称「ガチャガチャ」または「ガシャガシャ」の商品を提供。

画像出典:https://middle-edge.jp/articles/qhzcY

画像出典:https://middle-edge.jp/articles/qhzcY

当時は、ガンプラと同じくらいのブームとなっていた「ロッテ」の駄菓子屋アイテムがあった。

「ビックリマンチョコ」

天使と悪魔シリーズに突入後、大ヒットしたビックリマンシールのシリーズは、まさに大ブーム。

そこに登場したカプセルトイの天使VS悪魔シールのシリーズだった。

「ロッチ」

と明記されたこのシリーズは、間違えると恥ずかしいシリーズとして有名になっていった。

画像出典:https://middle-edge.jp/articles/qhzcY

画像出典:https://middle-edge.jp/articles/qhzcY

画像出典:http://blogs.yahoo.co.jp/triplerope2003/4801904.html

画像出典:http://blogs.yahoo.co.jp/triplerope2003/4801904.html

ガチャガチャだけでなく、オリジナルの玩具自動販売機も登場。

この「コスモス」の自動販売機では、数多くのパチモンシリーズが販売されていった。

画像出典:http://mandarake.jp/information/2012/05/12/21nkn09/index.html

画像出典:http://mandarake.jp/information/2012/05/12/21nkn09/index.html

チョロQ、キン消し、流行になったモノを片っ端からコピーしたラインナップは、数多くの子供たちの手に渡っていった。

パチモノだけでなく、オリジナル商品も数多くあり、「世界の武器」シリーズなどは今でも探し求めるファンがいる程である。

画像出典:http://setuna.sp.land.to/top/top05/top51-cosmos1.html

画像出典:http://setuna.sp.land.to/top/top05/top51-cosmos1.html

「宇宙戦士ダンガム」
超合金ダイカスト!?

画像出典:http://pikihouse.cocolog-nifty.com/pikihouse/2010/07/no652-03ae.html

画像出典:http://pikihouse.cocolog-nifty.com/pikihouse/2010/07/no652-03ae.html

その「コスモス」の自動販売機の中で、「ロッチ」と同じくらいやっちまった商品として分類されるのが―――

「宇宙戦士ダンガム」

がそれである。

画像出典:http://roco2.blog.jp/archives/7815199.html

画像出典:http://roco2.blog.jp/archives/7815199.html

このシリーズは、この名称になる前に「宇宙戦士ガンダム」というシリーズで販売されていた経緯があるが、ほぼそのままの名前だった為にリネームとなったのだろう。

それでも危険なパチモノで、名前だけでなくパッケージの絵などはパクリすぎ。

画像出典:http://setuna.sp.land.to/top/top05/top51-cosmos1.html

画像出典:http://setuna.sp.land.to/top/top05/top51-cosmos1.html

意外と似ているモデルも存在していた為、間違って集めるファンも少なくなかった。

最も多く販売されたであろう「超合金ダイカスト製」と銘打った金属フィギュアシリーズ。

画像出典:http://xxx0013xxx.jugem.jp/?month=201002

画像出典:http://xxx0013xxx.jugem.jp/?month=201002

ガンダムの消しゴムシリーズである通称「ガン消し」の金型のパクリで、形状は良く似たものも多数つくられていた。

画像出典:http://setuna.sp.land.to/top/top05/top51-cosmos1.html

画像出典:http://setuna.sp.land.to/top/top05/top51-cosmos1.html

当時、ホンモノのガン消しですら、種類を無理やり増やす為に企画時の「ガンボーイ」のデザイン画のモデルまで登場していたので、見たことのない形状の「ダンガム」シリーズは、ファンの間でも間違って集めてしまうコトにもつながっていた。

「コスモス」は、1988年に「ロッテ」との裁判で敗れた上、倒産となってしまっており、現在では商品の入手は困難になっている。

はてさて、深いパチモノの世界、また機会があったら触れてみたいと思う。

アプリゲットが贈る「パチモノプラモ特集」もご覧ください!

murasaki_weep

ロボット大好き!記者むらさきが贈るロボットプラモのディープな世界「パチモノプラモ戦記」をご覧ください……。

シェアする

特集の人気記事ランキング

まだデータがありません。