「ジル・ド・レェ」聖女の盟友から一転、青髭のモデルの狂人へ!でも、実は元から悪だった!?よ~うこそ、我が涜神の宴へ【Fate:キャラ特集】

画像出典:http://test123814.blog.fc2.com/blog-entry-246.html

画像出典:http://test123814.blog.fc2.com/blog-entry-246.html

聖女であるジャンヌの盟友で、救国の英雄

後に狂人となり、幼い少年を大量虐殺した殺人者

それが―――

「ジル・ド・レェ」

真実の彼とは!?錬金術黒魔術にも手を出した「青ひげ」のモデルを大特集!

よ~うこそ、我が涜神の宴へ byジル・ド・レェ(術)

FGOでの「ジル・ド・レェ」

「キャスター」としての彼

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(術)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(術)

真名:ジル・ド・レェ
身長:196cm
体重:70kg
出典:史実
地域:フランス
属性:混沌・悪
性別:男性
イメージカラー:濁った黒
特技:イベント立案・プロデュース
好きなもの:ボーイッシュな少女、フェミニンな少年
苦手なもの:政治・財政管理
天敵:ディルムッド、ランスロット
CV:鶴岡聡

初出は「Fate/Zero」で、「キャスター」クラスのサーヴァント。

「Zero」では雨生龍之介の儀式殺人により「キャスター」として召還され、第四次聖杯戦争に参戦。

画像出典:http://appmedia.jp/fategrandorder/100382

画像出典:http://appmedia.jp/fategrandorder/100382

セイバー(アルトリア)ジャンヌと誤認したまま、聖杯とは関係なく彼女を追い回した。

「Fate/Grand Order」においては、第一章に登場。

聖杯を持つジャンヌ・オルタに参謀役のように付き従っている―――と、思われていた。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(術)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(術)

だが、聖杯の所持者はジルで、ジャンヌ・オルタを作り出し、ジャンヌ・ダルクを裏切ったフランス、果ては世界に復讐するために行動していた。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(術)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(術)

「セイバー」としての彼

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(剣)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(剣)

真名:ジル・ド・レェ
身長:196cm
体重:91kg
属性:秩序・善
出典:史実
地域:フランス
性別:男性
CV:鶴岡聡

「Fate/Grand Order」に登場する「セイバー」クラスのサーヴァント。

凶行に走る前、ジャンヌと共に戦った頃ジル・ド・レェの姿。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(剣)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(剣)

第一章で、AD.1431の生前の本人としてが登場。

フランス軍の指揮官として、ジャンヌと主人公たちと共闘した。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(剣)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(剣)

直接対面は無いものの、正常な状態のジルと、魔道に落ちた後の「キャスター」としてのジルの双方が対立する構図となった。

キャスター時とは違い、騎士としての能力で戦う。

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(剣)

画像出典:http://grand_order.wicurio.com/index.php?ジル・ド・レェ(剣)

史実の「ジル・ド・レェ」

元から悪行三昧?
祖父の影響で悪だった!

ジル・ド・レェは、百年戦争期フランスの貴族・軍人(1404年9月10日~1440年10月26日)。

「セイバー」としては、礼を重んじる騎士として描かれているが、実は歴史的な事実はそうは思えない所業が目立つ。

領地確保の為の要人誘拐

兵を率いての領地の強奪

国の調査官僚を追い返す

これは、全てジャンヌと出会う前の青年時代の行為。

意外と不良だったんだなジル……。

だが、これは祖父であるジャン・ド・クランの影響だと言われている。

彼の祖父は、手段を択ばない領地拡張を実行しまくったコトで有名。

娘や孫を政略結婚の道具に使ったり、誘拐も平然と行う人物だったようだ。

両親を失った11歳のジルは、父に禁じられていたにも関わらず、祖父を頼って彼の元へ。

やはり、祖父はジルを政略結婚の道具として使おうとする。

幾度かの政略結婚を持ち出されるが、婚約相手の死亡によって成立するコトがなかった。

ここで祖父はやらかす

近隣の領地の娘、カトリーヌ嬢誘拐して、ジルと無理矢理既成事実を作らせる

なんやかんやあって、強引に結婚にこぎつけてしまった。

この後辺りから、ジルは祖父のやり方を学んでしまう。

不良ジルの誕生である。

19歳のジルは、前述の誘拐やら領地強奪やら、悪行を展開していく。

ジャンヌとの出会い

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ジル・ド・レ

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ジル・ド・レ

20歳からのジルは、祖父のコネで騎士団に入団し、数年間祖父とは別の地域で活躍するコトとなった。

そして運命の1429年オルレアン包囲戦ジャンヌ・ダルクと共に戦う。

ジルは、ジャンヌの監視の任を与えられていたが、ジャンヌに感化されていき「救国の英雄」とまで呼ばれる存在にまでの活躍をしたという。

おそらく、彼の人生の中で最も輝いた時代だっただろう。

騎士らしい活躍も、実際ここまでで軍事活動もこれ以降何もしていない。

ジャンヌの死
そして、凶行へ・・・

イングランドに捕らえられたジャンヌのコトを知った彼は、彼女を救う為にルーアンへ攻撃を仕掛けるが失敗に終わる。

ジャンヌは、異端として火炙りで処刑されてしまい、ジルは精神を病んだ

―――と言われている。

そして凶行が始まる。

詐欺行為。

錬金術。

黒魔術。

手下を使った幼い少年の誘拐。

更に誘拐だけでなく、その少年たちへの凌辱行為、虐殺

その行為に彼は、性的興奮を感じていたとも―――。

この虐殺が、後の童話「青ひげ」のモデルとなったとされている。

表面的にもジルの立場は悪くなる一方で、後年にはジャンヌを名乗る女性に兵を与えたりしていた。

聖職者を拉致監禁したコトにより、ジルは逮捕される。

公開裁判の場で、彼は拷問に恐怖を感じ、全てを告白し許しを請うたといわれている。

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ジル・ド・レ

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ジル・ド・レ

絞首刑となった際、領民たちは彼の魂の救済を望んだ。

しかし、ジル自身の評伝自体が、実は裁判時の記録でしかなく、この裁判が彼の政敵によって行われているコトを考えると、かなり誇張した部分が多かったのでは?とされている。

騎士としてジャンヌと共にあった彼の姿も、後年の犯罪者としての彼の姿も、実はまだ明かされていない真実がどこかにあるのかもしれない。

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。