【マルジュ的アプリ開発生活】第56回「究極リバーシ 〜とびた 新町店のお蕎麦〜」


[関連記事]
マルジュ的アプリ開発生活記事一覧

  

こんにちは。

洗濯すると雨が降る。

そんなマルジュの肥塚です。

今回は、新町にあるそば居酒屋「とびた 新町店」へ行ってきました。

image1

小洒落たごはん屋と高層マンションが建ち並ぶ一角にあります。

image2

こじんまりとした店内は大賑わいです。

店の雰囲気は落ち着いており、居心地が良かったです。


image3
あご野焼。

飛び魚をすり身にして焼いた、つまりかまぼこです。

肉厚でワサビ醤油or生姜醤油に付けて食べてとても美味しい。

どういう訳か、板わさはお蕎麦屋には必ずと言ってよいほど置いてあるメニューですが、なぜなのでしょう。


image4
辛み鶏。

初めて食べましたが、とても美味しいです。

ふわふわの鶏の胸肉に辛み大根とネギの苦味が相性抜群です。

チューハイしか飲めない僕のお酒がすすみます。


image5
串の盛り合わせ。

やわらかい肉と甘辛いタレが超美味しい。

絶対はずさない一皿。

「そば居酒屋やのにそば出てけぇへんやんけ」と思いの皆様、もう少しで出てきますのでもう少しお付き合い願います。


image6
チキン南蛮 自家製タルタルソース。

これもはずさない一皿。

サクサクに揚げられた鶏肉と玉ねぎ、キャベツ、自家製タルタルソースというありそうでなさそうな、それでいてたまにある一品。

タルタルソースがしつこくなく、いくらでも食べられそうです。


image7
とろろ割子。

3段になっている割り子そばを上から撮りました。

1段目に薬味とつゆをかけて食べ、2段目に移るときに、1段目であまったつゆと薬味をぶっかけて食べていきます。

最後に締めにはMUSTで食べるべき一品。


image8
こちらは三色割子(たまご、おろし、とろろ)。

3段とも味が違うので、少しずつ味を変えながら楽しめます。

特にたまごは蕎麦にとても合ってとても美味しいです。

まだまだ他にも、鍋や温かい蕎麦、お造りなどありましたが、満腹のため食べきれませんでした。

心斎橋からも近く美味しい料理が食べられるので、また行きます!

さて、今回は6/3にリリースした「究極リバーシ」の紹介です。

iOS版はこちら!

image9
マルジュが一生懸命開発した、「まぁまぁ強い、リバーシAI(人工頭脳)」アプリです。

本来なら「どのアプリよりも最強!」と言いたいところなのですが、正直なところそこまで強いAIは作れませんでした。

それでもまぁまぁ強いです。

レベルは1000段階まであり、少しずつ強くなっていきます。

image10

AI開発において最も注力したポイントは2点。

・AIの思考時間をどれだけ縮められるか。

・どれだけ多くのパターンから最適な一手を選択するか。

手軽に遊べてまぁまぁ強いので、是非とも一度遊んでみてください。

それでは今回はここまで。

また次回を楽しみにしてて下さい!

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。