自作できるOculus Rift(的なもの)、Google Cardboard

IMG_20160106_151138

Google Cardboardとは

Google Cardboardは、2014年にGoogleが発表したヘッドマウントディスプレイ。

ボール紙とレンズでできていて、スマートフォンと組み合わせてVRコンテンツを楽しむことができる。

完成品の価格は1500円程度。設計図が公開されているので素材を用意して自分で制作することもできる。(今度作ってみるよ!)

Google cardboardの部品

Google cardboardの部品

Google Cardboard 公式サイト

写真で見るGoogle Cardboard

IMG_20160106_150916

ケースに収まっている

IMG_20160106_150927

サイズはこれくらい

IMG_20160106_150938

横から。黒い丸いのはマジックテープ。

IMG_20160106_150958

ケースから出します。

IMG_20160106_151006

出ました。ここから少し変形します。

IMG_20160106_151029

カバーを開いて、

IMG_20160106_151039

中身を展開
IMG_20160106_151048

ぐるっとレンズ側までかぶせて

IMG_20160106_151054

マジックテープで止めると、額あてに。左右の視野を防いでくれるので没入感が高まります。

IMG_20160106_151110

カバーを閉じてこちらもマジックテープで固定。

IMG_20160106_151119

できあがり。

IMG_20160106_151125

額があたるのでちょっと皮脂が。。

IMG_20160106_151138 IMG_20160106_151143

書いちゃうよね。

IMG_20160106_151213

次にスマホを装着。カバーを開いてスマホを置き、

IMG_20160106_151224

閉じる。以上。

IMG_20160106_151333

動画の一時停止や、キュー出しは本体上のボタンで行います。

押す前は、

IMG_20160106_151316

非接触。

IMG_20160106_151336

押すと、

IMG_20160106_151319

接触。

Screenshot_20160106-151453

たとえばYoutube(現在はAndroid版のみ)

カードボード対応動画は画面右下にカードボード型のアイコンが出るので、それをタップすると、

Screenshot_20160106-151505

こうなります。あとはこの状態でカードボードにセッティングするだけ!

みんなこんな反応になるはずさ。



Google CardboardはAmazonなどで購入可能。価格は1500円。

Google Cardboard(Amazon)

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。