VRでジェットコースターを体験したら誰だって歓声をあげる。あのおばあちゃんは誇張じゃない。

https://www.youtube.com/watch?v=SiVWhYZUjpQ より

https://www.youtube.com/watch?v=SiVWhYZUjpQ より

VRとは何なのか。

2016年はVR元年だ!なんて言説も良く目にするようになったがVRとは何なのかは、実際に体験してみないと理解しづらいもの。

すごいのはヘッドマウンドディスプレイ(HMD)

VRはVirtual Realityの略で、日本語にすると「仮想現実」や「人工現実感」になる。

1月7日1時(日本時間)から予約受付がはじまるOculus Riftに代表されるヘッドマウントディスプレイ(HMD)は視界全てを覆い、高視野角かつ頭の動きに合わせて動く画面を見せる。

実際に体感するとわかるが、HMDとヘッドホンを組み合わせて良質な(これ重要)VRコンテンツを見ると現実との区別はとても曖昧になる。

日本語では「仮想現実」よりも「人工現実感」の方が、今盛り上がっているVRにはイメージが近い。

HMDでVRを体験したらだれでもこうなり得る。

少し前にHMDをつけて驚いているおばあさんが話題になったが、この反応は誇張でもなんでもなく、だれでもこうなりえる。

VRを見てリアクションが薄い人はきっと現実にジェットコースターに乗っても薄い人だ。

はじめてVRを体感したマリーおばあさん。今年の3月で89歳になるという。

彼女がつけているのはGoogle Cardboardで、見ているのはローラーコースターシミュレーションだという。おそらく、これだ。

Google Cardboardでこれを見ると、落下する瞬間のふわっとする感じを現実に感じる。

現実との違いは風と横Gくらいだが、横Gはあると錯覚してしまう人もいるかもしれない(私はそうだった)

もはや、「映像を見る」という感覚では無く「映像に入る」イメージだ。

Google Cardboardとこういった全天球のエクストリーム動画との相性は抜群で、本当に楽しい体験ができる。

次回はGoogle Cardboardについて詳しく見ていこう。

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。