放置ゲーム「昭和夏祭り物語 ~あの日見た花火を忘れない~」を配信開始

株式会社GAGEX(ガジェックス)は、スマートフォン向けアプリ「昭和夏祭り物語 ~あの日見た花火を忘れない~」のサービスを開始した。

main

「昭和夏祭り物語 ~あの日見た花火を忘れない~」配信開始。

暮れなずむ町のひぐらしの音色、アヤシイ夜店、神社から見上げた花火……もう帰れない、あの頃。

本作では、昭和の時代の、とある田舎の町で開催される小さな夏祭りが舞台となる。

夜店や懐かしのイベントでお祭りを盛り上げて会場を賑やかにしていく、ほんわか放置型ゲームだ。

ゲームを進めると、昔懐かしい「夏の思い出グッズ」が図鑑に登録されていく。

懐かしい! と思わずニンマリしちゃうあの品から、ちょっと切なくなるアイテムまで、ノスタルジックな思い出が満載だ。

ときどき登場人物から届くお手紙を集めて、物語を読み進めよう。

パズルのピースを集めるように、ある少女のひと夏の大切な思い出が綴られていく。

sub1

ゲーム内容。

sub2

ゲーム内容。

sub3

ゲーム内容。

製品概要

タイトル:昭和夏祭り物語 ~あの日見た花火を忘れない~

ジャンル:放置型ゲーム

対応OS:iOS,Android

料金:無料

(C)GAGEX Co.,Ltd. All rights reserved. Developed by 2D Fantasista.

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

ライター: 編集部