400万人の女性に大人気アバターアプリ『ポケコロ』にゲームコンテンツが新登場!「つりの星」リリース

ココネ株式会社は、2015年7月10日(金)、ソーシャルアプリ『ポケコロ』にて、新ゲームコンテンツ「つりの星」を導入するアップデートを実施したことを発表した。

『ポケコロ』に釣りゲーム「つりの星」登場!

『ポケコロ』に釣りゲーム「つりの星」登場!


「つりの星」とは

魚のような宇宙人のような謎の多い生き物たち。

この生き物達は「プラネクトン」と命名され、宇宙を自由に泳ぎ廻る。

色彩豊かで宝石のようなきらめきを放つこの「プラネクトン」は、アニメーション担当者が、一匹一匹の細かい動きにこだわり、平面的な「プラネクトン」を本当の生き物に見えるように仕上げられている。

「つりの星」では、釣りをすること自体の楽しさ、釣った後に自分のプラネリウム(地球でいうアクアリウム)に飾って眺める嬉しさ、釣った「プラネクトン」達から収穫できるドロップを餌にして、レア度の高い「プラネクトン」を釣り上げることが出来る喜び等を体験することが出来る。

『私だけの星ポケコロ』で、『私だけのプラネリウム』を作る楽しさを、じっくり楽しめる内容になっているということだ。

ゲームイメージ。

「つりの星」ゲームイメージ。

「プラネクトン」という名前を命名したのは、「つりの星」のデザインコンセプトを担当した「モンスターオクトパス」代表の土屋淳広氏。

同氏の協力により、単なる釣りゲームではなく、『ポケコロ』らしい世界観が広がる立体的なコンテンツとなっている。

モンスターオクトパス代表 土屋淳広氏

桑沢デザイン研究所卒 そのままフリーランスに。

石坂尚喜とともにデザイナーユニット「モンスタースープ」を結成、『Lively Island』などを制作。

その後、「モンスターオクトパス」名義で、『踊り子クリノッペ』、『住み着き妖精セトルリン』等のキャラクターコンテンツの企画・デザインなどを行っている。

モンスターオクトパス公式Facebookはこちら

「つりの星」のラフスケッチ。

「つりの星」のラフスケッチ。


ココネ社は本年7月1日より土屋氏をデザイナー顧問として正式に迎えている。

ココネ社では土屋氏や国内外のトップデザイナーの方々と協力しながら、「世界中の可愛い!」をユーザーの手元で、いつでもどこでも楽しめることを目指していくとしている。

『ポケコロ』概要

400万人以上の女性が利用しているNo.1可愛いアバターアプリ。

1万5000点以上あるアイテムで、自分の分身であるアバターを可愛く着飾ったり、お部屋のコーディネートや料理を楽しんだりしながら、多くの友達とコミュニケーションができる。

また、愛くるしい「わんこ」や「にゃんこ」と一緒に遊んだり、お世話したり、おそろいのお洋服を着たりして、楽しむことができる。

タイトル:ポケコロ

アプリ価格:無料(アプリ内アイテム一部有料)

ジャンル:ソーシャルネットワーク(アバターサービス)

推奨環境:iOS5.1.1(第4世代)以上、Android OS 2.3.3 以降

(※『ポケコロ』の利用には3G回線/Wi-Fiにつながる環境が必要)

▽公式サイトはこちら

▽ココネ株式会社 公式ブログはこちら

▽ポケコロ公式ブログはこちら

▽公式Twitterはこちら

▽公式Facebookはこちら

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。