unity開発者イベント『UNITE2015TOKYO』開催! 基調講演でnew 3DSへの対応や、人気ゲームのプロジェクトファイル公開などが発表!

unityの開発者向けのセッションなどを行う、公式イベントunite 2015 tokyoが、4/13 4/14の二日間にわたって開催されている。

opening

イベント最初に行われた基調公演では主にunityの共同創業者のDavid helgason氏がunity5リリース1か月での成果を主に報告した。

david2

「Republique」を開発するcamouflajの、Ryan Payton氏は「初のunity5の機能をフルに使った」ゲームとして、Republique3のPC移植プロジェクトを紹介した。
また、「Republique」のプロジェクトファイルを、今朝からunityの開発者向けページで無償公開したことも発表。会場からは大きな拍手が起きた。

ryan

ユニティテクノロジーズジャパンの大前広樹氏はこの「Republique」のプロジェクトファイルを解説しながら、「ライアンさんの人生が見えるようなプロジェクトファイルだ」「サンプルとして非常に優秀。骨の髄までしゃぶって、学んでほしい」と語った。

oomae_republiquedemo

また、David氏はunityが新たなプラットフォームの対応に「野心的に取り組んできた」と語り、新たにNEW nintendo 3DSがunityで開発できるプラットフォームに加わることを発表した。

3dsunity

new 3DSの対応は夏からβ版として提供が始まる。

unite 2015 tokyoは明日まで開発に関するセッションが多数行われ、一部のセッションはustreamで公開されるほか、許諾の得られたセッションについては後ほど公演資料や映像が公開される予定だ。

unite 2015 tokyo

unite 2015 ustream

ライター: 編集部

関連するキーワード