【征戦エクスカリバー プレイ日記】第8回「少年はみな明日の勇者!オーイェー」幻獣討伐イベントに挑戦!

kappaカッパな私を斬りまくって頂き、ありがとうございました。
灼熱の真夏でも激辛料理を愛する高野です。
この夏激ハマリしたのは、八丈島のおみやげ「島とうがらし」。
青臭みと辛さの塩梅が絶妙!
現地では金目鯛やトビウオなどの刺身のお供に使ってました。
そばやうどん、パスタ、カレー、肉…なんでもあいます。
激しくお酒がすすみます。もはやヤミツキ!

八丈島産の島とうがらし。激ウマ!

八丈島産の島とうがらし。激ウマ!

まあ余談はそこまでにして。
妖精たちが夏を刺激するホットリミットRPG「征戦エクスカリバー」のプレイ日記もこれで8回め!

今回は幻獣を討伐するぜ???

そして
「高野弱すぎ」

「貧弱!貧弱ゥ!」

「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」

などとダメ出しを受け続けた高野だが
8回目にしてついに逆襲だーーッ!!!

燃え尽きるほどヒート!

URYYYYYYYY!!!!!

ぐぬぬ!ぐぬぬ!

ぐぬぬ!ぐぬぬ!

弱いからいけないんだ!
そう思った高野は、余ってた装力をきちんとふりわけ、
ついでに放置してた「サブ装備」っていうのをきちんとした。
しろよ
どうりでステータス低かったわけだ。(。-_-。)

なんか強そうな鎧を装備したぜ!泣く泣く見た目よりステータスを重視したよ。

なんか強そうな鎧を装備したぜ!泣く泣く見た目よりステータスを重視したよ。

そして城之内くんでいうところのレッドアイズ・ブラックドラゴン
サマー・アイリスを強化した!

アイリス様もレベルあげたぞ! なんてったってレジェンド!

アイリス様もレベルあげたぞ!
なんてったってレジェンド!

幼少期、兄がクリアしたドラクエ3のレベル上げを延々してたオレをなめるなよ!

オレ、この子、タイプなんだよなぁ。つりめ…。

オレ、この子、タイプなんだよなぁ。つりめ…。

たとえボスキャラであろうとも、女神の祝福を使った高野の敵ではない!

消え失せィ!

と、豪鬼のようにシャウトしながら携帯をいじる30の夏。

フハハハハハ!大人の力で大勝利や!

フハハハハハ!大人の力で大勝利や!

ガンガンいこうぜ!ガンガンいくぜ!
レベルもそろそろ40になりそうな勢いだ!
戦いにあけくれる俺は修羅である!
夕暮れ時目覚めた俺はそう絶好調!

おろ?

来たか!

来たか!

幻獣襲来だ!

いかにも魔王っぽいやつキター!

いかにも魔王っぽいやつキター!

こいつは冥界の王ハデス!
RPGにも頻繁に出現し、「聖闘士星矢」ではラスボスを飾った邪神の中の邪神!
そう、8/25-8/29までは「~甦りし冥界の王ハデス~」イベントが開催中なのだった!

なんとなくスタープラチナっぽいイラストが好感触!

なんとなくスタープラチナっぽいイラストが好感触!

しかしオレも昔のオレじゃない!
レジェンド霊獣サマー・アイリスをレベル上げたことにより、魔撃の攻撃力はかつての数倍にもパワーアップしているのだ!喰らえィ!

この灰色になって崩れ落ちる演出、ファイナルなファンタジーチックで最高!!!

この灰色になって崩れ落ちる演出、ファイナルなファンタジーチックで最高!!!

ってなわけで冥王ハデスも(LV2なら)オレの敵ではないッ!
ハッハッハ!

ハデスよ、お前は強かった …だが 間違った強さだった…。

ハデスよ、お前は強かった
…だが
間違った強さだった…。

高レベルの冥王ハデスを撃破するには、弱点武具をメイン武器に装備して、ダメージ効率を上げるのが有効だぜ。

高レベルの冥王と戦うには伝説の装備を整える必要がありそうだぜ。

高レベルの冥王と戦うには伝説の装備を整える必要がありそうだぜ。

ハデスを発見したり戦闘に参加するだけでも報酬がもらえるし、
撃破すると、ここでしか手に入らない武具が手に入るぜ

IMG_9729

発見報酬「マヨロー」結構お気に入り。

イベントの結果によりランキング上位者には報酬ももらえるぜ。

IMG_9733

イベント報酬があるのさ。強化具材やマリーへのプレゼントなど!

そうだ、そういや、レベル上げだけど、みなさんの鼓舞(手紙)から有意義な情報を聞いたぜ。
「経験値は任務でかなり稼げる」

なにィ!

本当か?

今まで全然やってなかったぞ!

そんなわけで任務いってきまーす!

そんなわけで任務いってきまーす!

次回予告!
ついに灼熱の夏を乗り越えた高野!
9月に突入し、「エクスカリバー」の世界でも何かが起こるッ…!?

この次も、サービスサービスゥ!

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。