グランブルーファンタジー(グラブル)攻略プレイ日記第2回 絶対欠かせないバトルの基本のコツを押さえよう!

グランブルーファンタジー

[関連記事] ・グランブルーファンタジー攻略プレイ日記一覧
グランブルーファンタジーレビュー記事

ブラウザとは思えないほどのクオリティの高さに感動したグランブルーファンタジーですが、今回はバトルについて書いてみますっ☆

クエスト

「シナリオ→アイテム集め→バトル→シナリオ」

という流れが基本になっています。

シナリオパートはクエストによって2回だったり3回だったり。

では実際に遊んでみましょう!

アイテム収集

グランブルーファンタジー アイテム集め

横スクロールで進みます。

シナリオを読み終わると、アイテム収集に入ります。

このパートは「進む」をタップするだけでOK!

ここで手に入れた回復系アイテムは、この後のバトルでしか使えないので注意してね!!

バトルが終わったらなくなってしまうのでドンドン使おう!

…私アイテムもったいぶって使えないタイプだから

ほんっっっっと良いシステムだわぁ。笑。

レッツバトル!

グランブルーファンタジー バトル

バトル!

基本のアタックは攻撃ボタンをタップするだけです。

黄色の奥義ゲージが貯まったら奥義を発動させることが出来ます。

バトルで大切な3つのコツ

① 「チェインバースト」で強力な攻撃に!

グランブルーファンタジー チェインバースト

チェインバーストとは!?

同じターンで複数のキャラクターの奥義を発動させることが出来ると

ターンの最後にチェインバーストが発動してより強力な攻撃を与えることが出来ます。

ボス戦などでは重宝するよ!!

② 奥義のタイミングを合わせよう!

グランブルーファンタジー 奥義

奥義のタイミングを合わせるには…?

先ほどご説明したチェインバーストですが、

奥義ゲージが貯まっているけどもう少しで他のキャラクターも奥義が発動しそう・・・(´・ω・`)」

っていう時は、奥義の発動オートから温存にしておきましょう!

温存にしている間は通常の攻撃のみになります。

他のキャラクターのゲージが貯まったらオートに戻すのを忘れずにね☆

③ 属性に注目!

グランブルーファンタジー 属性相関図

属性相関図。

敵にも自分達にも属性があります。

属性には強弱の関係があるので属性に合わせた戦い方をすれば有利に戦うことが出来ます。

すごく便利なのが主人公の属性はいつでも変えられるというところ!

メインで装備している武器の属性になるの!!

グランブルーファンタジー 属性

上の画像の主人公は風属性ですが、この画像では装備が違うので水属性!

他のキャラクターの属性はずっと変わらず固定なので、

他のキャラとのバランスや、その時戦う敵の属性を見ながら自分の属性を考えるのがオススメ。

ジョブについて

グランブルーファンタジーでは主人公のみジョブチェンジをすることが出来ます。

序盤は以下の4つです!

■ファイター

グランブルーファンタジー ファイター

攻撃タイプのファイター。

攻撃系アビリティ。攻撃力アップ。得意武器は剣と斧。

■ナイト

グランブルーファンタジー ナイト

防御タイプのナイト。

防御系アビリティ。防御力アップ。得意な武器は剣と槍。

スカートみたいなヒラヒラが可愛い!!

■プリースト

グランブルーファンタジー プリースト

回復タイプのプリースト。

回復系アビリティ。回復力アップ。得意な武器は杖と槍。

■ウィザード

グランブルーファンタジー ウィザード

攻撃タイプのウィザード。

攻撃系アビリティ。アビリティダメージアップ。得意な武器は杖と短剣。

JPを貯めたり、ジョブレベルを上げていくと

上位ジョブも解放されるらしいので楽しみです!

ジョブの選び方のコツ

グランブルーファンタジー ジョブ

ジョブはどれがいいのでしょう…。

私個人的には、

回復スキルが使えるカタリナだけだと追いつかないので、プリーストがオススメ!

属性と同じように、自分のパーティのバランスを見ながら足りないところを補強する感じで決めると良いよ~!!

次回は星晶獣について書いちゃうよ!

お楽しみに(*´ω`)!

[次の回] ・グランブルーファンタジー(グラブル)攻略プレイ日記第3回 星晶獣の召喚とアビリティをマスター!

[前の回] ・グランブルーファンタジー(グラブル)攻略プレイ日記第1回 ブラウザゲームだからってナメちゃいけない!

[関連記事] ・グランブルーファンタジー攻略プレイ日記一覧
グランブルーファンタジーレビュー記事

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。