熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

[関連記事] ・熱血対戦くにおくんTD ゲームレビュー
・熱血対戦くにおくんTD プレイ日記

今にして思うと「くにおくん」シリーズが評価されたのはキャラクターでもストーリーでもなくグラフィックでもなく、おそらく馴染みやすいシステムアクション性だった。

2014年現在、多くの人気ゲームが美しいグラフィックや男女ともに可愛く若く美しいキャラを押していくが、くにおくんはキャラやグラフィックが人気だったというよりは、ゲームそのものが面白かったから人気だったのだ、と思う。BGMも最高だった。

押しメン「まえだ」の必殺技「雷光のチョップキック」大運動会でCPUが繰り出すコンボを再現してるところポイント高い!|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

押しメン「まえだ」の必殺技「雷光のチョップキック」大運動会でCPUが繰り出すコンボを再現してる点はポイント高い。

そのくにおくんが近年ニンテンドー3DSでのリメイク、果ては実写ドラマ化など、リバイバルが起こっている。オッサン受け狙いでも何にせよ、素晴らしいコンテンツが盛り上がってるのは単純に嬉しい。

くにおくんまさかの実写ドラマ化。なかなかゲームに忠実(!?)な内容な模様。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

くにおくんまさかの実写ドラマ化。なかなかゲームに忠実(!?)な内容な模様。

そのくにおくんをソーシャル要素濃厚なタワーディフェンス(どっちかというとリアルタイムストラテジー)に変更したのは大胆な冒険だなぁ…。と感じつつも、ソーシャルゲームの隆盛には抗えぬものなのかもしれない。

僕だってこうして懐かしさにあらがえずゲームを起動してる。昨日もおとといも。今日も。

親友ひろしがさらわれたため、くにおの戦いの旅がはじまる。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

親友ひろしがさらわれたため、くにおの戦いの旅がはじまる。

HPが高い盾、攻撃力が高い近接、中距離、遠距離とタイプが別れたキャラたちをポイントを溜めて召喚するのだが、初期デッキに持っている「くにお」を出すだけで勝負が終わって、タワーディフェンスの醍醐味である「大勢vs大勢」の感じが出ないのが残念だった。

れいほうがくえん四天王のリーダー、こばやし扮する「へいしち」。彼を召喚しまくり遠距離連打が猛威を振るった。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

れいほうがくえん四天王のリーダー、こばやし扮する「へいしち」。彼を召喚しまくり遠距離連打が猛威を振るった。

1/23日の時点では、遠距離攻撃のキャラクターが強すぎたため、もはや雪合戦のように石を投げ合うゲームと化していた。今はバランス変更があり、遠距離キャラは、現状ほぼ使えないくらい弱体化されている。

中距離、遠距離キャラはかなり弱体化。結果くにおを強化一択ゲーに。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

中距離、遠距離キャラはかなり弱体化。結果くにおを強化一択ゲーに。

弱いキャラを低コストで大量に出して防衛しつつ、隙を見て「くにお」「りき」といった強く有名なキャラ、を召喚して攻める。

そういったディフェンスゲームの戦略性がほとんどなく(厳密にはないわけではない)、一応各キャラクターには「心」「技」「体」と、ジャンケンのように三すくみの属性があって、得意のタイプには30%攻撃力マシマシになるのだが、この属性も強キャラの無双状態にはさほど意味をなさない。

とはいえ、くにおくんのオンライン対戦は僕らが夢見ていたものだ。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

とはいえ、くにおくんのオンライン対戦は僕らが夢見ていたものだ。

結果、せっかくのリアルタイムオンラインバトルも、レアキャラを持っていないユーザーたちはくにおvsくにおという状況ばかりになってしまう。

くにおが一画面に何人もいるカオス状況が乱発。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

くにおが一画面に何人もいるカオス状況が乱発。

前回も言及したのだが、ガチャやショップで入手できる武器は、ユニークなアイテム揃いではあるのだが、装備すると攻撃スピードが落ちるため近接キャラでは装備しないほうが有利だ。

ガチャで手に入る武器だが、攻撃モーションが遅くなることに注意。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

ガチャで手に入る武器だが、攻撃モーションが遅くなることに注意。

ここは早く変更したほうがいいと思う。

ストーリーモードを攻略するなら、すべての熱血石、くにコインは、くにおの強化にあてればいい。そうすれば簡単に勝てる。

ストーリーモードよりも限定ステージのほうが経験値、くにコインともに稼げるぞ。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

ストーリーモードよりも限定ステージのほうが経験値、くにコインともに稼げるぞ。

オンラインバトルは現状、レベルが高いユーザーにはどうやっても勝てない。そういったバランスに仕上がっている。

希望を言うと、下克上というか、低レベルでもテクニックを駆使して、どうにかすれば勝てるくらいのゲームバランス、というよりアクション性が欲しかったのが本音だ。

レベルが5になると魂の回復スピードが上がる。これでだいぶ楽になるはずだ。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

レベルが5になると魂の回復スピードが上がる。これでだいぶ楽になるはずだ。

大運動会では「れいほうがくえん」という絶対強者にテクニックを駆使して勝つというカタルシスこそ凄まじかった。時代劇では少しずつ、必殺技を覚えていくのが楽しかった。

そういったゲームの本質的快楽を、くにおくんシリーズを銘打つ以上追求していってほしいところだ。

花園高校の二番手、インテリジェンスを漂わす貴公子、さおとめ。「りきさんのかたき」とは…!?|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」

花園高校の二番手、インテリジェンスを漂わす貴公子、さおとめ。「りきさんのかたき」とは…!?

と、辛口な物言いをひとしきり吐いたところで、次回はストーリーモードのダイジェストをしつつこのゲームのキャラクターを原作と絡めつつ説明していく予定。

ライター: 編集部