熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第1回「なめてるやつでしょう」

[関連記事] ・熱血対戦くにおくんTD ゲームレビュー
・熱血対戦くにおくんTD プレイ日記

熱血硬派くにおくんをご存知だろうか。

懐かしい雰囲気に心飲まれそうになる。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第1回「なめてるやつでしょう」

懐かしい雰囲気に心飲まれそうになる。

熱血高校ドッジボール部。ダウンタウン熱血物語。ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会。くにおくんの時代劇だよ全員集合。エトセトラエトセトラ。

かつて少年だった、そして現在アラサーと呼ばれしものが、一度はハマったであろうゲームたちである。

クエストの最中にはストーリーが挿入される。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第1回「なめてるやつでしょう」

クエストの最中にはストーリーが挿入される。

今はなきテクノスジャパンが作り上げた破天荒な作風、勇猛なBGM。そして何よりも、協力/対戦プレイできる魅力に、少年たちはある日は協力し、ある日は争い合った。友情を揺さぶるほどの破壊力をもっていた。

僕は「大運動会」では最強チーム「れいほう」を兄に使われ、使えなかった弟だった。ファミコンの2コンが効きは悪かったのを鮮明に覚えている。

「時代劇」で「こがねむし」に名前を変えると所持金がMAXになり、すべての必殺技を使えるんだ。忘れてもいいことばかり思い出してしまうな。

必殺技の時は派手なカットインが挿入される。|クエストの最中にはストーリーが挿入される。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第1回「なめてるやつでしょう」

必殺技の時は派手なカットインが挿入される。

プラットフォームをスーパーファミコンに移し、表現を多様化させた「初代熱血硬派くにおくん」は、誤解を招くような物言いだが「Ground Theft Auto」シリーズの原型だったとも言えなくもない。

広大な街を歩き、行き交う通行人を殴ることすらできるアクションRPGだ(余談だがクソゲーとして悪名高い「たけしの挑戦状」も同様のニュアンスを持っていたと思える)。

ストーリーはいわゆるソーシャル系ゲームのクエストにあたる。体力を消費しステージを進める。|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第1回「なめてるやつでしょう」

ストーリーはいわゆるソーシャル系ゲームのクエストにあたる。体力を消費しステージを進める。

「熱血対戦くにおくんTD」は、スマートフォン用につくられた最新作と銘打たれている。制作はアリスマティック。ジャンルはタワーディフェンス

他のプレイヤーや友達とのリアルタイム同時通信バトルやキャラクター育成をはじめ、必殺技や多彩なキャラクターも楽しめるという。

アプリを起動する。懐かしいドット絵。8bit風のサウンド。

くにおりきごうだりゅういち、りゅうじ。ごだい。すがた。さおとめ。まえだ。

シリーズ初作品「熱血硬派くにおくん」からは暴走族ブルーエンペラーのしんじ、スケバンのみすず。ラスボスのヤクザ「さぶ」まで!

高野的推しメン、花園高校の「まえだ」だ!ジャンプキックでれいほうを蹴散らせ!|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第1回「なめてるやつでしょう」

高野的推しメン、花園高校の「まえだ」だ!ジャンプキックでれいほうを蹴散らせ!

ただこのゲーム、遊んだ瞬間から違和感があった。

・くにおが画面上に数体もいること。

・武器を持つと攻撃スピードが落ちること。

・飛び道具がやけに強すぎること
(注…これはアップデートで大幅なゲームバランスの変更があり改善された)。

一定のダメージを与えると必殺技を繰り出せる。さおとめといったら「おーらぱんち」だ!|熱血対戦くにおくんTD プレイ日記第1回「なめてるやつでしょう」

一定のダメージを与えると必殺技を繰り出せる。さおとめといったら「おーらぱんち」だ!

タワーディフェンスゲームのように…
くにお本体(リーダーユニット)だけは自由に動かせたら

必殺技にもっと個性があったら…

妄想という名のアイデアはとまらない。

それでも、

「くにおくんTD」が僕のようなアラサーを、また大運動会のような、びっくり熱血新記録のような狂騒に巻き込んでくれるのか、と思うと胸の高鳴りがとまらなかった。

それとも「くにおくん」という最強の餌でファミコン世代のおっさんを釣る、懐古主義ホイホイなのか。攻略記事の体裁をとりつつも、きちんと辛口に報告し、見極めたいと思う。

あ、ちなみに本当にステージクリアだけを目指したいなら、くにおだけを全強化して武器なしでやると一番はやいです。またバランス調整が来なければだけど…。

次回はストーリーモードをおさらいしつつ、対戦のコツなどをプレイ日記として語る予定。いちおうクリアしたので!

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

▼PCから閲覧の方はコチラから
GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.arithmetic.kuniobattle

itunes:https://itunes.apple.com/jp/app/re-xue-dui-zhankuniokuntd/id734289015?mt=8

[次の記事] 第2回「ぴゅ ぴゅ ぴゅの ぴゅーにしてやるぜ」 [関連記事] ・熱血対戦くにおくんTD ゲームレビュー
・熱血対戦くにおくんTD プレイ日記

ライター: 編集部