【ロードラ日記】第39回 「頑張れアルフォンス!」をクリアしました(中編)ローザとノーラとアルフォンス

ロードラプレイ日記 がんばれアルフォンス!

[関連記事]

ロードラプレイ日記 記事一覧(はじめての方はこちらから読んでね!)
ロードラ ゲームレビュー(ロードラについてはここが詳しいよ!)
ロードラ開発者インタビュー

前回からトップのバナーが新しくなってるんですが、お気づきでしょうか・・・?

お気づきですよね・・・!

イベントクエスト「頑張れアルフォンス!」もいよいよ明日までとなりました!

明日は他にもロードラ初の公式本「ロード・トゥ・ドラゴン オフィシャル ユニット&データ ブック」も発売される日!

スマホGameRさんがtweetしていた見本誌がめちゃくちゃ分厚くて期待値がぐんぐん上がっていくよ!上がりすぎていくよ!助けて!アルフォンス!

分厚い!!

分厚い!!

アルフォンス本人については後編で書くとして、今日はアルフォンスを語る上では欠かすことのできない「妻」と「娘」について少々。

天帝の門アルフォンス

あらゆる努力を惜しまなかったが、ついに王族への復帰は叶わなかった、元・王子。軍内部では相も変わらず出世も出来ず馬鹿にされているが、それでももう彼が涙で枕を濡らすことは無い。アルフォンスは、自分の帰りを待っていてくれる妻と子供の幸せのため、今日も頑張る。

長らく謎だったアルフォンスの妻と子ども。

その謎が今回のイベントクエストで明らかになりました!

「頑張れアルフォンス!」の4つ目のステージ、「妻との誓い」のチャレンジクエストで手に入るユニットが「賢者ローザ」!

妻との誓い

妻との誓い

賢者ローザをゲット

賢者ローザをゲット

これはもう間違いないでしょう!

アルフォンスの妻はローザだった!

ということは、

賢者ノーラのストーリーから、ローザの娘がノーラであることは既にわかっていたので、

アルフォンスの娘はノーラということに!

闇の時代に現れた一筋の光、それが魔導師ノーラを形容するに相応しい言葉である。前時代からの負の遺産「竜化症」。賢者ローザが生み出したその病をこの世から消失させるのがノーラに課せられた命題であった。母の犯した禁忌は、自身の手で償う。そう誓い、彼女は旅を続ける。

さらにさらに!

叡者ノーラのストーリーと

「竜化症」とは闇の時代に蔓延した病である。その病を受けた者は、いずれ必ずその身体、精神共に竜と化し人を襲い始める。また病状の悪化に伴いその身体を激痛が襲う。病の進行を止める手立てはただ一つ。それはこの病の宿主、即ちノーラの血液から作られる血清しか無かった。

業王カルマのストーリーから

ザイフリートと共に、あてのない旅を続ける女盗賊。彼女は産み落とされた時から、ある業を背負っている。彼女と長く接した者はある特異な病を発症してしまう。しかしその事をカルマ自身は知らない。それは呪われた血統の業。ザイフリートはその業を断ち切るため、旅を続ける。

カルマがノーラの血を引いていることもわかっているので(実の娘かもしれないけれど、根拠はまだない・・よね?)カルマはアルフォンスの子孫ということに!

アルフォンスすげー!

光の時代の悪を討っただけでなく闇の時代にまで深く関わっていたなんて!

ただ、気になるのはローザについて。

賢者ローザ

光の時代を代表する、最強にして最悪の魔導師、ローザ。数々の禁術に手を出した彼女は、人間のドラゴン化や、遥か太古の技術を用いて死んだ人間を機械の体で蘇らせるなどの禁忌にも手を出していた。彼女の行動原理は好奇心であり、ゆえに誰も止めることが出来ない。

聖賢ローザ

ローザにはおよそ感情と呼ばれるものが備わっていない。それは彼女が幼少の頃、苛烈な現実から逃れるために捨てたものの一つであった。そんな彼女の感情を初めて動かしたのが、自身の娘の誕生である。その瞬間、彼女は満面の笑みを浮かべ、新たな研究対象の獲得に歓喜した。

これだけ読むとただの狂人・・・。

こんな人があのアルフォンスの妻!?

アルフォンスはDVとか受けてなかったの!?大丈夫だったの!?と心配になってしまいます。

ただ、ローザに関する記述は矛盾も多い。

電撃娘コロナ

ある実験中の事故により、遥か遠い未来から飛ばされてきた少女。手にした次元転移装置「ポリタン」の電池は切れ、その充電のためには絶大な電力を要すると知った彼女は途方に暮れていたが、そんな彼女に救いの声を掛ける者があった。心優しき光の魔導師、ローザである。

電撃少女コロナ

私みたいに町の工房で機械いじってる魔導師も多いよ。と、作業着姿のローザは笑う。コロナがこの時代に辿り着いてから半年が経過していた。ローザの手によって次元移転装置「ポリタン」は着々と修復され、いよいよコロナが未来へと帰る「嵐の日」が目前へと迫って来ていた。

キルト

キルトは、王都にある魔導工学の工房にて、工房の主たる女魔導師の助手を務める少年である。病気の妹を救う為、彼は懇願の末、ある条件付きで魔導師の元での研究を許されていた。その条件は二つ。一つは毎日の工房掃除。こと掃除に関して、彼女ほどうるさい者を、キルトは知らない。そしてもう一つの条件は、或る部屋へ立ち入る事の、絶対的な禁止であった。

キルト・ブリッツ

キルトの雇い主である女魔導師は、とにかく口うるさい。とかく、人に心配を掛ける事を許さぬ彼女だが、その当の本人が、ここ数週間工房に顔を出していない。彼女が用意した妹の薬が数ヶ月分は常備されていた為、その点での不安は無いが、何の音沙汰も無い彼女自身をキルトは心配し始めていた。そんな或る日。女魔導師が王国の騎士団に捉えられたとの情報がキルトの元へ舞い込む。

そこで、カイトの調査ですよ!

カイトは伝承の調査を行う内、幾つかの奇妙な現象に気付いた。まず、書き換えられた歴史に嘘が描かれることは無い。しかし中には相当な悪意を以って描かれているものもあり、モノによっては完全な詐称では無いというだけで、悪魔的に事実を湾曲しているものすらあった

ローザの魔導書は何者かによって悪魔的に事実を湾曲した内容に書き換えられていた!と考えると筋が通りますよね。

「人間のドラゴン化や、遥か太古の技術を用いて死んだ人間を機械の体で蘇らせる」ことをした事は事実かもしれませんが、その理由については湾曲されているのでしょう。

コロナを助け、キルトを救った女性こそ、アルフォンスの妻ローザの本当の姿のハズ!

じゃあ、誰がなんのために魔導書の改ざんを!?

・・・

さっぱりわかりませんね。

ミハエルの子孫のイザベラとかかな?

あいつも性格悪いし。

まあ誰が改ざんしたかは置いといて、最後にアルフォンスの妻がローザ、娘がノーラであることを頭にいれて、このスクリーンショットを御覧ください。

私のユニットボックスを「入手順」にならべたものです。過去に手に入れた★4以上のキャラはすべて保存してあるので正真正銘入手した順です。

どん!

どん!

どん!

初期キャラのカインは置いといて、初めて手に入れたレアキャラはアルフォンス!そしてなんと2番めに手に入れたのがローザ!そしてアルフォンスの同僚のマクシミリアンを挟んで娘のノーラ!という仕組まれたかのような順番!

きっとレアガチャの中で仲良く暮らしていたんでしょうね!

[次の回] ・【ロードラ日記】第40回 「頑張れアルフォンス!」をクリアしました(後編)【動画あり】 [前の回] ・【ロードラ日記】第38回 アプリゲットコラボクエスト「頑張れアルフォンス!」をクリアしました(前編) [関連記事] ・ロードラプレイ日記 記事一覧
ロードラ ゲームレビュー
ロードラ開発者インタビュー

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。