【おやじ観察キット プレイ日記】第2回「新種発見!!おやじっち」

おやじ観察キット

[関連記事] ・おやじ観察キット ゲームレビュー
おやじ観察キット プレイ日記一覧

やれやれ、またおやじか、と僕は思った。

煙草を吸うならこのタイミングかもしれない。

とか言うものの、煙草はおろか、パチンコもキャバクラも一回もいったことがない無趣味な自分は、今日もおやじを育てている。

おやじ観察しながら眠ったり起きたり

おやじ観察しながら眠ったり起きたり

少し昔話をしよう。

そういえば、僕が中学二年生の頃、ペットを育てるキーホルダー型のゲームが流行っていた。

しばらくして、すぐに廃れた

1997年、我らが年。そして、もうだいぶ遠い日の話。

ゲームというには白黒の画面は小さく、画面内のペットの動きは拙かったが、そのゲームは入手困難の大人気アイテムとなり、高値で販売されたりもした。

2013年。今こうして、奇妙なおやじを育てている自分は、何かを取り戻そうとでもいうのか。過去という名の後悔が追いかけてくる。

また何かよくわからないことを言ってる…

また何かよくわからないことを言ってる…

諦めよう。すべては終わった事じゃないか。
少年じゃなくなった。青春は終わった

若くはあるが、昔よりは若くない。

あの頃に戻りたいなんて思わない。
生きる代償を背負わないといけないんだ。

おやじになりかけているんだから。

閑話休題。

そろそろゲームの話をしなきゃ。

「おやじ観察キット」の話に戻ろう…。

おやじたちは多種多様に進化する。
まずはこの画像を見て欲しい。

…虫?

…虫?

 具体的にいうと、ケージ、床材、登り木によって一度に育成できるおやじの数や、生まれてくる種類が変化する。

育成を促進するカプセルや、ケージの温度を変化させるアイテムもあり、条件によってレアなおやじが発生するときがある。

昭和という激動を走り抜けた男の威厳は、もうそこにはない。

昭和という激動を走り抜けた男の威厳は、もうそこにはない。

団塊おやじの生態系が垣間見えるかとおもいきや、

大間違いだった。

ともあれ、おやじを回収し、レベルアップする時や、博士の課題をクリアすることで、ボーナスポイントを獲得し、新しい環境を築くのも、このゲームの醍醐味だ。
百鬼夜行、千変万化するおやじたちの生態系をちょっとずつ紹介したい。

いたね。ミニスカでポリスの格好してたお姉さんたち

いたね。ミニスカでポリスの格好してたお姉さんたち

シュールとか、キモいとかそういう言葉で片付けるには、

彼らの存在は、

哀しみに包まれていた。

そして博士と少年少女は無邪気だ。
矛盾ない笑顔が、逆に恐ろしい。

幼さや、正しさは、えてして残酷なものだ。

幼さや、正しさは、えてして残酷なものだ。

ふと、人が家畜として扱われるSF小説を思い出した。

回収しないまま放置され、天命をまっとうしたおやじはになる。
それは、決して枯れない白い花だ。

花を見て、綺麗だな、って思えない日もあったな

花を見て、綺麗だな、って思えない日もあったな

僕はそれをずっと見つめていたくなった。

じゃない。

自分に酔っているだけかもしれない。
暗い部屋で一人、スマートフォンの明かりは強すぎる気がした。
今年の夏は去年より涼しいかもしれない。
夜風に吹かれようと思い、真夜中、自転車に飛び乗った。

夏は夜だね。
満月なら言うまでもない。
雨が降るのも風情がある。

夏よ。

思い出のうた、口ずさむ。

の懐かしい痛みが、そっと頬を撫でる。

僕は、

星空の下、

おやじを育て、回収した。

ゲームをはじめる

PCから閲覧の場合はコチラから
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.liica.oyajikit

[次の回] ・2013年7月25日(木) 17:30公開予定 [関連記事] ・おやじ観察キット ゲームレビュー
おやじ観察キット プレイ日記一覧

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

スポンサーリンク