【みくりと プレイ日記】第3回 激強のS級りとるを育てるべし!!

[関連記事] ・みっくするとる攻略まとめ
みくりと相談室記事一覧
みくりとプレイ日記記事一覧
みっくすりとるレビュー

 前回は、序盤の流れと世界観について書かせて頂きました。

今回は、リトルのレアリティや孵化について語るぜ~。

ということでアカウントを正規のものに。地道にプレイ中。

ということでアカウントを正規のものに。地道にプレイ中。

最近のお気に入りはこの「ドラン」。

最近のお気に入りはこの「ドラン」。

 まずは、初期選択でもらえる3体の「りとる」をもとに色々と考察していきます。

水系の「カザミン」。

水系の「カザミン」。

草系の「ネコン」。

草系の「ネコン」。

火系の「ハクタク」。

火系の「ハクタク」。

 りとるごとに能力値やスキルに違いがあるのはもちろんですが、とくに重要なのは「属性」「レアリティと進化回数」!!

リトルセンターの本棚にある属性本を参考にするといいかと。

リトルセンターの本棚にある属性本を参考にするといいかと。

りとるにはなどの属性が付与されています。

例えば、火系のハクタクは草系のネコンと相性が良く、攻撃時に大ダメージを与えることができます。

逆に草系が火系に攻撃する時はダメージが減少するため、各ステージに出現する敵ごとに相性を見極めて、パーティを編成すると攻略が一気に楽になります。

属性は習得スキルにも関係する!?

属性は習得スキルにも関係する!?

また、属性はりとるのスキルカスタマイズにも影響してきます。

スキル本ごとに使える属性が決まっており、格闘系であれば物理攻撃力アップスキル、草系であればHP回復スキルを習得できるようになっています。

各「りとる」がレベルアップ時に固有で覚えるスキルもありますが、本を使って習得できるスキルの方が優秀かつ調整もしやすいので、好きな属性を決めてその系統のりとるを複数集めてパーティを編成するのもありですね。

この他にも、「装備品」が属性に影響してくるのですが、それはまた別の機会に紹介します。

りとるにはレアリティがあり、モンスター名の色でどんなものかが分かる。

りとるにはレアリティがあり、モンスター名の色でどんなものかが分かる。

A級はムラサキ。S級は黄色で書かれている。

A級はムラサキ。S級は黄色で書かれている。

続いて「りとる」のレアリティと進化回数ですが、りとるにはそれぞれD~S級までのランク分けがされていて、レア度が高いほど能力値が高く、強力な固有スキルを覚えます。

また、最初からレア度が高い「りとる」も少なからず居ますが、C→BSといった形で進化させてS級まで育てるものがほとんどで、進化回数も「りとる」によって違ってきます。

比較的入手しやすいD級のマシューですが、最終進化まで育てるとS級になる!

比較的入手しやすいD級のマシューですが、最終進化まで育てるとS級になる!

孵化させた時に弱いなと感じても、地道に進化させることで超強力な仲間になる、そんな育成のしがいを感じられる「りとる」も存在するんだ!

ハクタクは初期選択りとるの中で唯一、A級まで進化する。

A級まで進化する「ハクタク」。

さてさて。

これら「りとる」の特性をふまえたうえで、3体の初期選択りとるをどれにするかですが。

オススメなのは、HP回復効果をもつ草系の大ダメージを与えられる、かつA級まで進化する「ハクタク」。うまく育てれば中盤まで大活躍!

続いて、育てるのが少し面倒になりますが、強力なスキルを数多く入手できる草属性の「ネコン」が良いですね。

ガザミンは……正直、すまん!

だって、ゲーム内でもわりと簡単に入手できるんだよ。

ガチャでもりとるの卵を獲得。

ガチャでもりとるの卵を獲得。

各種りとるの卵はクエストで入手できますが、ドロップだよりになるため時間がかかることもしばしば。

そこで、クエストをクリアしてためた資金「セイラ札」を使ってガチャを引くと簡単かつ強力なりとるを獲得できます。

明日は、このガチャで入手できるりとるについて攻略していくぜ!

「みっくすりとる」をGoogle playでダウンロード!!

「みっくすりとる」App storeでダウンロード!!

[ゲームレビュー] みっくすりとる | 過去最高のモンスターバトルゲーム!手軽だけどクソやりこめる [次の回] ・【みくりと プレイ日記】第4回 無課金ガチャでもA級が当たりやすいだと……!? [前の回] ・【みくりと プレイ日記】第2回 町長「冒険にでかけよう♪」俺「おっしゃー!」 [関連記事] ・みっくするとる攻略まとめ
みくりと相談室記事一覧
みくりとプレイ日記記事一覧
みっくすりとるレビュー

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。