【メビウスFF プレイ日記5】ジョブカードの育成に必要なスキルシードの効率的な稼ぎ方

mobius-final-fantasy

メビウスFF」の育成要素に、ジョブカードの能力を上昇させるスキルパネルがある。

ジョブカードの育成には、スキルパネルの解放に必要なスキルシードをいかに集めるかが大切だ。

そこで、スキルシードの効率的な稼ぎ方を紹介する。

スキルシードの入手数はアビリティカードによって決まる

戦闘終了後に入手できるスキルシードの数は、デッキ内のアビリティカードにより決定する。

デッキ編成画面でデッキが生成するスキルシードの数が確認できる他、アビリティカード画面ではそれぞれのカードのそれが分かる。

skil seed

seed2

アビリティカードのスキルシード生成能力は、アビリティカードの合成でスキルシード合成を成功させ、覚醒シードを増やすことで上げることが可能だ。

gousei1

さらに、全てのシードを覚醒させるとコンプリートとなり、さらに生成できる個数が増えるぞ。☆2以下のアビリティカードは1.5になり、☆3以上だと2倍になる。

kakusei

同属性、できれば同名カードを合成しよう

スキルシード合成の成功確率は、同属性のアビリティカードを合成することで上昇する。

また、同名のアビリティカードを合成した場合はスキルシード合成の成功率が高いため、入手しやすいレアリティのカードは同名合成をガンガンしてスキルシードの生成能力を上げておくといい。

goisei2

ベースカードの覚醒シードが増えていくと、スキルシード合成の成功率が低くなるため、複数の同属性カードを同時に合成するようにしよう。

それでも確率が上がらない時は、サボテンダーを素材にするのも有効だ。ちなみに、成功確率が90%でも普通に失敗するので、なるべく100%にしておきたい。

スタミナ消費の少ないエリアの周回が効率的

先述の通り、バトル終了後に得られるスキルシードの数はデッキが生み出すスキルシードの数にのり決定る。これに、バトルスコアや危険度によるボーナスがかかるため、強い敵と戦ってハイスコアを出すのが一番効率がよい。

しかし、序盤からそれを狙うのは難しいので、スタミナ消費が少ないエリアを回したほうが効率は良くなる。

第1章の序盤は、消費スタミナ2で1周できるためかなり効率がいい。シードボーナスはバトルスコア10,000点以上で1.2倍なので、弱い敵とはいえオートにたよりきらないほうがいい。

seed bounus

なお、デッキレベルが高くエリアの危険度が1になると、シードボーナスが0.2倍になってしまうため、デッキレベルを調整しながらエリアを選ぶようにしよう。

探索リージョンでスキルシード1.5倍!

沈黙の遺跡などの探索リージョンでバトルをすると、曜日によって特定の属性のスキルシードがボーナスで1.5倍になる。

曜日とシードボーナスは以下のとおりだ。

月:闇のシード
火:火のシード
水:水のシード
木:光のシード
金:風のシード
土:土のシード
日:すべてのシード

欲しいシードがボーナスになっている曜日は積極的に探索リージョンを回そう。日曜日は全てのシードが1.5倍なので、ここは忘れないようにしたい。

[関連記事] ・「メビウスFF」のレビュー
「メビウスFF」の攻略記事

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。