【ネタバレあり】「彼女は最後にそう言った」プレイ日記6 第零章攻略(トゥルーエンド)

proxy

[関連記事]

第零章

「彼女は最後にそう言った」最終章をクリアし、エンディングを見たセーブデータでプレイすると、第零章をプレイすることができる。

クリアしたデータには☆が着く。

クリアしたデータには☆が着く。

いつものように祭の夜、目覚めるとベッドの横に、天狗待宵花の押し花が置いてある。

奇跡は、もう一度だけ起こる。

4年前の8月13日、うたかた祭の前日に戻ろう。

シンタローの、最後の冒険がはじまる。

シンタローの、最後の冒険がはじまる。

気がつくと、待宵中学校の教室だった。

ミクリヤ先生が、8月13日だと教えてくれた。

祭りの前日。

ナナミを救うことができるかもしれない。

時計は、もう夜20時をまわっていた。

急いで、ナナミの家に向かおう。
元気なナナミの姿がそこにあった。

「空神洞に行かないでくれ」
その言葉を飲み込むシンタロー。

なぜなら、洞窟にいくことは、ナナミの願いでもあったからだ。

ナナミの行動を止めようとして、葛藤するシンタロー。

ナナミの行動を止めようとして、葛藤するシンタロー。

『ナナミが出会った誰かの行動』をぼくが変えればナナミは助かるんじゃないのか?』

シンタローは思う。

4年前の8月13日にナナミが命を落とす決定的な原因となってしまったのは…。

選択肢をミスっても大丈夫。そこらへんがノベルゲームよりRPGよりで、やさしい。

選択肢をミスっても大丈夫。そこらへんがノベルゲームよりRPGよりで、やさしい。

そう、洞窟でナナミが転落するきっかけになってしまった、うさぎのミミスケだ。

崖の下に落ちそうになったミミスケをかばって、ナナミは転落した。

「空神洞にミミスケがついてきてしまったこと」その事実を変えるため、

シンタローは、天妙寺に向かった。

アカズの間の鍵は、寺のものにしか渡せない。相変わらず。

アカズの間の鍵は、寺のものにしか渡せない。相変わらず。

天明寺の居間にいるサクラバに頼み、倉に入る許可をもらう。

この「サクラバ」実にいい脇役である。

この「サクラバ」実にいい脇役である。

鍵の場所は、四年後と一緒だ。

この箱の中に鍵がある。

この箱の中に鍵がある。

アカズの間の鍵を開ける。

アカズの間、っていうのもセンチメンタルを加速させる青春ワードだなー。

アカズの間、っていうのもセンチメンタルを加速させる青春ワードだなー。

しかし、そこにウサギのミミスケはいなかった。

ミミスケを追いかけよう。

ミミスケを追いかけよう。

ミミスケを追いかける。

村人に話すと、どこにいったか教えてくれる。

ミミスケはバス停を越え、トンネルのほうに向かったようだ。

天明寺の境内から霧隠湖に向かうには、待宵村を横切らなくてはならない。

天明寺の境内から霧隠湖に向かうには、待宵村を横切らなくてはならない。

トンネルにてミミスケを発見する。

逃げようとするミミスケに、シンタローは優しく語りかけた。

おまえのことも救いたいんだ、と。

メインテーマが流れるとすぐ泣く。もはやパブロフの犬状態。

メインテーマが流れるとすぐ泣く。もはやパブロフの犬状態。

ずっと森に帰らずに、ナナミを待っていたミミスケのことを。

必死の説得が届いたのか、ミミスケは、シンタローと一緒に、村に帰ってくれた。

その日、シンタローは、ミミスケと一緒に夜を越えた。

翌日…。

また目覚めると、もう夜。

母親が手紙が届けてくる。

何度も何度も繰り返した光景。

また…8月14日をループしてしまうのだろうか…?

悪い予感が脳裏をよぎる。

また、いつものように、広場に連れて行くサクラバ。

でも、何かが違った。

次のページからネタバレ要素を多分に含みます。エンディングをまだ見ていない方の閲覧はオススメできません。それでも見たい方は自己責任でお願いします!!

執筆者: 編集部

ページ: 1 2