【戦艦帝国‐200艘の実在戦艦を集めろ‐ 序盤攻略プレイ日記3回目】「設計図」や「装備」で艦隊を強化!「断片」などの収集方法

2015y04m14d_191143400
「戦艦帝国‐200艘の実在戦艦を集めろ‐」 レビュー
「戦艦帝国‐200艘の実在戦艦を集めろ‐」 プレイ日記一覧

「戦艦帝国‐200艘の実在戦艦を集めろ‐」プレイ日記3回目!

「戦艦帝国」では、艦船を建造する際に「艦これ」のように時間はかからない

「設計図」があれば、即建造できるのだ。

ただ逆に考えると目当ての「設計図」がないと建造できないって事だ。

戦艦帝国プレイ日記_3_1

だって速いもん!とは言わないが「島風」ゲット!

艦隊をコレクションしていく為にも「設計図」の入手は重要になってくるぞ!

「設計図」を入手してみる!

艦船の「設計図」には2種類ある。

「設計図」と、「設計図の断片」だ。

「設計図」はそのまま使用して艦船を建造できるが、「設計図の断片」は必要な数を集めて「設計図」を完成させないと使用できない。

戦艦帝国プレイ日記_3_2

「設計図」があれば建造可能。一応、金貨も必要なので注意。

戦艦帝国プレイ日記_3_3

レア度の高い艦船ほど「設計図の断片」の必要枚数が多い。

スパイを活用して設計図をゲット

とりあえず、手っ取り早く「設計図」を入手できる方法である「スパイ」を使ってみる。

戦艦帝国プレイ日記_3_4

レア度の高い艦船の「設計図」を入手し易いのは、より高級なスパイだ。世知辛い。

戦艦帝国プレイ日記_3_5

スウィフトシュア級をゲット。日本軍も欲しがったイギリス艦。

「中級スパイ」は1日1回、「高級スパイ」は3日に1回無料で使えるので活用しよう。

設計図の断片を手に入れよう

では、「設計図の断片」の入手もしていこう。

入手方法は複数あるが、まずは敵「旗艦」からのドロップを狙う。

戦艦帝国プレイ日記_3_6

ステージ選択の時にサムネイルをタッチすると、ドロップアイテムを確認できるぞ。

戦艦帝国プレイ日記_3_7

一度クリア済みの海域の「旗艦」を15回ほど倒しまくって、やっと1個ドロップ。

「旗艦」との戦闘では、レア度の低い艦船なら10~20回に1回程度ドロップするようだ。

この他にも「闇商人」から買うという手段もある。

戦艦帝国プレイ日記_3_8

闇商人の顔が本当に悪そうな顔をしてて殴りたくなる。

「闇商人」との取引は物々交換のようなもので、

分解した「設計図」の欠片と他の「設計図」「設計図の断片」を交換してくれるぞ!

「覇権争い」に積極的に参加してみる!

また、「設計図の断片」は「覇権争い」でも入手可能。

「覇権争い」とは、金貨技術ポイントを調達したり、対人戦で「装備の断片」を奪取したり、ランキングを競ったりするバトルなどが行えるモード。

むしろ、この「戦艦帝国」の最も重要なモードとも言える。

戦艦帝国プレイ日記_3_9

「海賊の財宝」では、美人の海賊を撃破して「金貨」を入手できる。

戦艦帝国プレイ日記_3_10

海賊は帆船だけの編成で、かなり弱い。

戦艦帝国プレイ日記_3_11

「大西洋輸送航路」は、所謂通商破壊で技術ポイントを入手できる。輸送船はやはり弱い。

「海賊の財宝」「大西洋輸送航路」で、金貨技術ポイントを稼いで艤装(装備)を強化しておこう。

ある程度の艦隊、装備の強化ができたら、対人戦に挑戦だ。

対人戦の「アリーナ」では、ランキング戦が行えるぞ。

戦艦帝国プレイ日記_3_12

強い人の艦隊を参考にしてみよう。

もうひとつの対人戦である「奇宝奪兵」では、「装備の断片」の奪い合いになる。

戦艦帝国プレイ日記_3_13

レア度が高く強力な装備ほど、必要な断片の数が多い。

戦艦帝国プレイ日記_3_14

たとえ「装備の断片」を奪えなかったとしても、ボーナスは入手できる。

 「奇宝奪兵」の場合、勝利しても「装備の断片」が奪えないこともあるので要注意。

だが、勝利ボーナスで3つのコンテナから1つ選ぶ事になり、「金貨」「設計図の断片」などが入手できるんだ。

「装備の断片」を集めながら、「設計図の断片」入手の可能性もあるので、絶対やっておこう。

戦艦帝国プレイ日記_3_15

奪取しまくって、更に上位の装備を解放したぞ。

戦艦帝国プレイ日記_3_16

いろいろ強化しまくって、「時雨」を巡洋艦並みに強化してみた。

 「覇権争い」の各バトルをプレイしていくと、艦隊を強化していく事ができるようになっているぞ。

まだ解放されていないモードもあるが、序盤だけでも十分に艦隊をコレクションしつつ、強化していく事ができる。

「艦隊これくしょん-艦これ-」とは、また一味違った「戦艦帝国」、興味を持ったら是非プレイしてみて欲しい。

ゲームをはじめる

ライター: 編集部