しりとり格闘『口先番長』 、第18回文化庁メディア芸術祭にて「審査委員会推薦作品」に選出!

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントのソーシャルアプリプロジェクト「hubbub party」(ハバブパーティ)と、株式会社フィラメントとの共同制作アプリ『口先番長』が、第18回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門にて「審査委員会推薦作品」に選出された。

kuchisakibancho01

「審査委員会推薦作品」に選出された『口先番長』。

第18回文化庁メディア芸術祭 応募状況

第18回文化庁メディア芸術祭には、世界71ヶ国・地域から3,853作品の応募があった。

そのうち、国内からの応募数は2,035作品と過去最多となり、エンターテインメント部門とマンガ部門の応募数も過去最多を記録した。

『口先番長』は、782作品の応募があったエンターテインメント部門にて審査委員会推薦作品に選ばれた。

しりとりが独自ルールで生まれ変わった『口先番長』

『口先番長』は、誰もが知るしりとりをベースに

・長い言葉は攻撃力が高い

・使える文字は毎回異なる25文字

・3文字以上の言葉でチェインボーナス

など、独自のルールを加えられた新感覚ワードパズルゲーム。

収録ワード数は定期的に更新され、最新版では75万語以上としりとりで使える言葉の多彩さも魅力の一つだ。

記念キャンペーンとしてログインボーナスが毎日ダイヤに

kuchisakibancho02

ログインボーナスキャラクター「鳴神 和奏」。

12月4日より、文化庁メディア芸術祭「審査委員会推薦作品」に選出されたことを記念し、毎日ログインすることで最大12個のダイヤが入手できる記念キャンペーンを実施。

期間中はログインボーナスキャラクターが「続 優衣」から「鳴神 和奏」に変更。

実施期間::12月4日(木)~12月13日(金)

※実施期間は予告なく変更になる可能性がある。

『口先番長VS』(仮) 最新情報

『口先番長』の大型アップデートとして自分自身のアバターをカスタマイズ、全国のプレイヤーと対戦が可能となる『口先番長VS』(仮)は、近日リリースに向けて鋭意制作中。

kuchisakibancho03

「『口先番長VS』(仮)」。

アプリ内容

タイトル : 口先番長

価格   :基本プレイ無料(アイテム課金制)

ジャンル : しりとり格闘(ワードアクションパズル)

対応OS  : iOS6.0以上※1、Android4.0.3以上※2

第18文化庁メディア芸術祭の公式サイトはこちら

©filament Inc./ Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。