スマホをのせるだけで接続できるキーボードが発売

エレコム株式会社は、One2Touch社と共同で企画・開発した、近距離無線通信の国際規格「NFC IP-1(ISO/IEC 18092)」に準拠したNFCテクノロジー搭載シリコンキーボード「TK-FNS040BK」を8月下旬より新発売することを発表した。

TK-FNS040BK製品画像

置くだけで接続可能なキーボードが発売

FC対応キーボード「TK-FNS040BK」は、無線通信の国際規格NFC IP-1(ISO/IEC 18092)に準拠し、近距離無線通信によって使用できるシリコンキーボードだ。同規格に対応したAndroidスマートフォンと、ケーブルを接続することなくキーボード入力ができるようになっており、Bluetoothのようにペアリング設定も不要で、キーボードの中央部にスマートフォンをのせるだけで文字入力が可能になっている。

TK-FNS040BK製品画像2

折りたたんでコンパクトに収納が可能

コンパクトに折りたたむことができ、持ち運びに便利。さらに持ち運びや収納に便利な専用ケースが付属し、折りたたんだキーボードを収納することができる。キータイプには、オリジナルの45キー配列を採用。キーパッドには手触りが良く、滑らかな打ち心地のシリコンキーが採用されている。

Google Playストアから無償でダウンロードできる「ELECOM日本語入力 powered by ATOK」を使用することで、変換精度、速度が大幅に向上し、スムーズで快適な文字入力が可能になるようだ。

プレスリリース

http://www.elecom.co.jp/news/201208/tk-fns040/

ELECOM日本語入力 powered by ATOK
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.elecom.eleatok

ライター: 編集部

関連するキーワード