みんなで作る自作プログラムの祭典「HSPプログラムコンテスト2012」を開催

オニオンソフトウェアは1日、「HSPプログラムコンテスト2012」の作品応募の受付を開始した。

HSPプログラムコンテスト01

HSPを使ったアプリケーションのコンテスト。

HSPプログラムコンテストは、プログラム言語HSP(Hot Soup Processor)により作られた作品を募集し、表彰するイベント。2003年以降、毎年開催され、累計4000本以上の応募作品が寄せられている。

HSPを使用した作品であれば、誰でも応募可能。また、 応募者以外もネット審査員として作品の評価をすることでコンテストに参加できる。

・HSPとは?
手軽に使えるスクリプト言語システム。付属のエディタでスクリプトを書くだけで、Windows上で動作するアプリケーションを開発できる。実用ツール、ゲーム、スクリーンセーバーなどを作成可能。

・HSPプログラムコンテスト概要ページ

http://hsp.tv/contest2012/index.html

・参加者向けページ

http://dev.onionsoft.net/seed/index.html

ライター: 編集部