世界三大自動車レース「Indy 500」の公式レーストラックが使える3Dレーシングゲーム『Indy 500® Arcade Racing』全世界で配信開始

有限会社ハイパーデブボックスジャパンは、7月3日より『Indy 500® Arcade Racing』(インディ 500・アーケード・レーシング)を Google Playストア向けに提供開始した。

本格3Dレーシングゲーム『Indy 500® Arcade Racing』全世界で配信開始!

本格3Dレーシングゲーム『Indy 500® Arcade Racing』全世界で配信開始!

『Indy 500® Arcade Racing』とは


プロモーションムービー

『Indy 500® Arcade Racing』は、米国で最も長い歴史を持つ「Indianapolis Motor Speedway」(インディアナポリス・モーター・スピードウェイ)より直接オフィシャルライセンスを取得し、 「Indy 500」の公式レーストラック33台のインディーカーを使った本格3Dレーシングゲーム。

世界三大自動車レースの一つである「Indy 500」では、時速320km以上のスピードでマシンを操ることができる。

『Indy 500® Arcade Racing』では、最高品質の3Dグラフィックス技術を使い、まるでテレビ中継を観ているかのような迫力と臨場感をスマートデバイスで直に感じ取ることができるとのこと。

マシンのチューニング予選レース、またはピットストップといった戦略的な面白さも満載。

なお、今回の「Indianapolis Motor Speedway」とのタイアップは、最先端の技術を駆使し、古き良きアーケードスタイルのゲームの面白さを復活させたいというハイパーデブボックス 開発チームの強い願望により実現されたということ。

フォーミュラーカー(オープンホイール)を使用しており真のモータースポーツファンが楽しめるハイスピード3Dレーシングゲームとなっている。

ゲーム概要

「Indy 500」の公式レーストラックと33台のインディーカーを使用!

「Indy 500」の公式レーストラックと33台のインディーカーを使用!

臨場感溢れる音声も収録!

臨場感溢れる音声も収録!

■33台の公式インディレースカーと対戦

■シングルプレイヤーモードとマルチプレイヤーモード(Bluetooth接続によるローカル対戦が最大3名まで可能)

■獲得ポイントによりランクアップし、選択可能な要素が増やせるアンロック機能
・マシンのカラーリング選択数がアップ

・レースの時間帯やリバースモードといったレーシングコンディションが追加

■Google+における情報やアンロックアイテム(Google+のPlayゲームサービスによるギフト)を共有

■自分だけのマシンが作れるガレージモード
・最高パフォーマンスを発揮するためにマシンを最適化
・マシンの色やロゴをカスタマイズ
・最大5台のインディーカーをチューニングしガレージに保管可能

■ハイテンポなドライビング用のハードロック系音楽

■アナウンサーやピットスタッフのトランシーバーなどの臨場感溢れる音声も収録

■アーケードライクな3Dグラフィック

ゲームをはじめる

無料ゲームを探せるアプリゲットTOPへ

シェアする

関連するキーワード