G○AYとも共演を果たしたBGMフリークにしてギタリストのレビュワー高野京介氏が推す秀逸BGMゲームはコレだ!

こんにちわ。ちょっと前の話になるのですが、

3月21日に東京はZepp DiverCity TOKYOでライブがあったのはご存知でしょうか?

その名も「ピエールナイト」。

ピエール中野(凛として時雨)主催によるライブイベントで、このライブに出演した「大森靖子&THEピンクトカレフ」というバンドのギターとして、うちの優秀なレビュワー高野京介氏が参戦したのです!

高野京介氏とは

高野京介高野氏はアプリゲットのレビュワー。そしてバンドのギタリスト。

ロックよりもゲーム音楽に影響を受けているためBGMにうるさく、ネタゲーとレトロゲームを愛してやまない男です。

好きなゲームは「地球防衛軍」「MOON」「ロマサガ」「夕闇通り探検隊」「Plague」など。

ZEPP東京のライブイベントであの大物と共演

ZEPP東京で行われたピエールナイト当日は、大森靖子&THEピンクトカレフのメンバーとして全8曲を演奏しきったほか、こんな大物との共演も…!

そうです。現在30歳前後の人なら誰もが知っているあのGLAYのHISASHI氏と共演しているのです。

すごい!!!

BGMにこわだりあり!

そんなアーティストの高野氏だけあってBGMに対するこだわりは強く、ゲームのレビューでもBGMは評価するうえでの重要な対象としています。

そんな高野氏が

このBGMには感動した!

と認めるゲームがこの世に存在するのです。

それが、

Free Rundroid! Platform Game です。

Rundroid!の素晴らしさ

以下、高野氏のコメント引用。

何を隠そう、実は筆者は20年来のゲームBGMフリークなのだが…。

このゲームのBGM、いわゆる8bitのチップチューンは、今までやったすべてのアプリの中で最高のBGMだと思う。

クール&レトロそれでいてフューチャー…。ロックマン、悪魔城ドラキュラ、ダブルドラゴン…名作にも負けないメロディが、2013年に残っていたなんて。

これはもう懐古主義じゃない。

泣きながら踊れる夜はあるかい?

正直ゲームをしないでイヤホンをつけてるだけでも、このアプリに出会えたとすら思えた。

もちろんゲームも秀逸なことは強調しておく。

Rundroid!ゲーム画面

…と、こんな感じでほめちぎっている横スクロールアクションをあなたも一度は遊んでみては?

Rundroid!を遊んでみる

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。