勝てば東京ドーム

草野球の試合があった。勝てば東京ドーム進出という試合で活躍できず。

今シーズン10個めのデッドボールをくらい、レーザービームでライトゴロを記録したものの、肝心なところでは三振…。

結局引き分け再試合で来年に持ち越し。
今年は夏頃からチームを変えてやりましたが
いかに井の中の蛙だったかを思い知った1年でした。

今まで2部の中クラスとの対戦が多かったのが2部の上位、
もしくは1部クラスと対戦するようになったことで

打率は4割から2割前半に下がりました。
年間で1個とか2個しかなかった死四球が10個以上に増えました(なぜかほぼ死球ばかり)。
チームでの立ち位置も4番から9番に変わりました。
凹みと無力さを感じる日々の連続でした。

それでも、このチームには

「うわっこいつ凄いな」

という上手なプレイヤーが何人もいるし、

試合中も試合後も議論をかかさず行い、

スコアブック片手に1時間の反省会を毎回重ね、
その後も場所を移して夜通しVTRで試合をチェックして反省会、
そこで課題を見つけては練習するという

ホントに草野球チームか?

と疑うレベルで野球と向きあったことでたくさんの「気づき」をもらいました。

来年は移籍2年目なので
すべての数字で今年を上回って心底活躍したいと思います。

ライター: 編集部

関連するキーワード