【AOY2013寄稿 アプリオ編集部】キャラクターの作り込みが抜群、シナリオもGood

アプリ・オブ・ザ・イヤー2013

※この記事はアプリ・オブ・ザ・イヤー2013の結果発表に際し、アプリオ編集部様より寄稿いただいたものです。

アプリ・オブ・ザ・イヤー2013発表ページ
https://appget.com/c/aoy/47114/aoy2013result/

アプリオ
http://appllio.com/

---

アプリオブザイヤー2013の大賞に、「チェインクロニクル」が選ばれました。

豊富なキャラクターと、各キャラクターのストーリーが特徴のRPGです。

ゲームレビューはアプリオでもおこなっていますが、あらためてゲームを振り返ってみたいと思います。

しっかりと練られているキャラクターとシナリオ

すべてのキャラにシナリオが用意されている点が特徴

すべてのキャラにシナリオが用意されている点が特徴

「チェインクロニクル」には三種類の楽しみ方があると思います。

一つ目は、ストーリーを進めて行くこと。

二つ目は、最強のパーティを作るためにキャラクターを育成すること。

三つ目は、キャラクターのシナリオを楽しむこと。

そのなかでも特に素晴らしいと思うのは、三つ目の楽しみ方です。

「チェインクロニクル」のキャラクターのシナリオには、クリアするとキャラクターの能力が上がったり、アイテムを獲得できるなど、プレイヤーがシナリオを読みたくなる「きっかけ」があります。

そして、アイテム欲しさにシナリオを進めると、自然とそのキャラクターの魅力に取りつかれ、どんな弱いキャラクターでも情が移って育ててしまう。

そんな仕組みが、他のゲームとの大きな違いとなっています。

カードキャラクターにエピソード的なシナリオを作るゲームは増えてきました。

しかし、イラストとのギャップやボリュームの少なさが目立ち、キャラクターのバックストーリーや性格をきちんと表現できていないものが多いように感じます。

その点、「チェインクロニクル」は、金ぴか好きのお調子者キャラ「ナックル」、姉御肌の傭兵「ロベルタ」など、カード性能以外の性格などがしっかりと作り込まれているので、キャラクターに愛着が持てる作品だと思います。

また、どんなにシナリオがよくても、バトルシステムやUIが悪いとストレスが溜まってゲームを楽しめなくなるのですが、その点でも「チェインクロニクル」はストレスが溜まる場面は少なく安心です。

シナリオの重要性を認識させられた作品

他にも多くの個性的でハイクオリティの作品がリリースされた

他にも多くの個性的でハイクオリティの作品がリリースされた

2013年は、個性的なアプリが多くリリースされた年でした。

1990年代のRPGを彷彿させるドットアクションが魅力的な「ブレイブフロンティア」、リアルタイムでのやり取りが楽しい「ドラゴンポーカー」、海外発の新しいRTS「Clash of Clans」、LINEの機能を武器に多くのカジュアルゲームがリリースされた「LINE GAME」などが個性的なアプリの代表作として挙げられます。

その一方で、「パズル&ドラゴンズ」が業界を引っ張り、「魔法使いと黒猫のウィズ」、「ぷよぷよ!!クエスト」、「三国志パズル大戦」など、パズドラに似たUIのゲームがヒットした年でもありました。

そのような状況下で「チェインクロニクル」は、「RPGとはシステムとシナリオがうまく融合することが必須」だとあらためて認識させられた作品でした。シナリオの重要性を裏付けた質の高い作品だったと思います。

2014年も、ストーリーが練られたスマホゲームが数多くリリースされることを期待しています。

アプリ・オブ・ザ・イヤー2013発表ページ
https://appget.com/c/aoy/47114/aoy2013result/

アプリオ
http://appllio.com/

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。