【AOY2013寄稿 ゲームキャスト】チェインクロニクル、ソーシャルゲームの新たな可能性を示した魅力とは。

アプリ・オブ・ザ・イヤー2013

※この記事はアプリ・オブ・ザ・イヤー2013の結果発表に際し、ゲームキャスト様より寄稿いただいたものです。

アプリ・オブ・ザ・イヤー2013発表ページ
https://appget.com/c/aoy/47114/aoy2013result/

ゲームキャスト
http://www.gamecast-blog.com/

---

2012年、ゲームシステムの個性に乏しく「ポチポチゲー」と揶揄されることもあったソーシャルゲームに変革が訪れました。

パズドラの登場でより複雑で、プレイヤーの腕前が試されるゲームの時代が始まったのです。

そして、2013年。
ご存知のように「パズドラ系」と呼ばれるゲーム群がリリースされていくなか、また1段ソーシャルゲームを進化させたのがチェインクロニクル(以下、チェンクロ)だと言えるでしょう。

チェンクロのゲーム部分が面白いのはもちろんのことですが、魅力あるキャラクターたちが織りなすストーリーとタワーディフェンス風のバトルが合体したこのゲームは、ソーシャルゲームのキャラクターとストーリーに新しいあり方を提示しました。

チェインクロニクル

チェインクロニクル

今まで、ソーシャルゲームのキャラクターはカードでした。

極端に言ってしまえば、弱いカードは役に立たないだけで手に入れてもあまり使い道はなく、次々と新しくて強いカードが出現して要らなくなる存在でした。

また、使い道があったとしてもそれはコマとしてで、キャラクターとしてのお話がついていたわけではありません。

ボイスがあったり、ストーリーが魅力的なものもありましたが、それもレア以上とか、一定のレアリティに限定されており、ノーマルカードはキャラクター扱いされていないものがほとんどと言っていいでしょう。

キャラクターは全てにイラストもボイスも、ストーリーが

キャラクターは全てにイラストもボイスも、ストーリーが

しかし、チェインクロニクルのキャラクターは全てにイラストもボイスも、ストーリーもしっかりついています。

レアリティの低いキャラクターでもそれは例外ではなく、リリース時は新しいキャラが手に入るのが嬉しくて、ノーマルガチャもいちいち興奮しながら回していました。

ノーマルガチャも嬉しい

ノーマルガチャも嬉しい

そして、全てのキャラクターの話がつながり、王道RPGの世界観を作り出してこれまでの基本無料ゲームになかったほどストーリーに魅力を添えています。

少数の特定のキャラクターを掘り下げていくキャラものや、ストーリーに力を入れているものの、いまいち魅力を出しきれなかったゲームは他にもあります。

が、大量のキャラクター全てにこれほどの手間をかけ、群像劇的に成立させ、家庭用RPGのようなストーリーの満足感を提示したゲームはチェンクロの他にはないでしょう。

チェインストーリー

チェインストーリー

読者の皆さんの中にもストーリーの先が気になって精霊石を使ってしまった方もいるのではないでしょうか?

資産家のパトリシアのストーリー

資産家のパトリシアのストーリー

今まで「ソーシャルゲームに長いストーリーはいらない」などと言われることもありましたが、「いや、面白いストーリーと魅力的なキャラクターがあるなら欲しいんだよ!」という実例を提示したのがチェンクロだと思います。

ソーシャルゲームはシンプル過ぎてつまらない。

パズドラの出現でそういった時代は過ぎ去ろうとしています。

そして、その流れをさらにはっきりと見せつけてくれたチェンクロは、間違いなく2013年を代表をするゲームの1つと言ってもいいでしょう。

気が早いかもしれませんが、2014年はどんなゲームが出てくるのか楽しみですね。

チェンクロをまだプレイしたことのない皆さんは2014年になる前にチェンクロをプレイして、最新のソーシャルゲームがどれだけ進化したか、ぜひ見てみてください。

アプリ・オブ・ザ・イヤー2013発表ページ
https://appget.com/c/aoy/47114/aoy2013result/

ゲームキャスト
http://www.gamecast-blog.com/

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

下に続きます