「少年よドラゴンクエストIIIを抱け」 今冬ドラクエがスマホにやってくる

1988年、昭和63年。

世田谷区上野毛駅(東急大井町線)の上野毛交差点から20mに位置するおもちゃ屋「ワイルドボア」からの帰路を足早に急いでいた。

走りたいけど走れない。転んで落としてしまったら大変だ。
歩きたいけど興奮状態の体は、いうことを効かない。

傍から見ると、競歩のようなスタイルだっと思う。
それでも当時の少年には、無我夢中だった。

なぜなら『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』が発売されたからだ。
白い息が小刻みに舞う、小学校3年生の冬である。

上野毛ワイルドボア

昔は赤レンガの外壁だった。

社会現象にもなった『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』
学校内でも話題の中心だった。

『昨日、カンダタ倒してさ……』
(じぇ! 家はゲームは1日1時間しかできないのに、お前ちは何時間できるんだ!?)

ダーマの神殿で僧侶を賢者に……』
(じぇじぇ! こっちはまだ“くろこしょう”が取れないのに!)

『お前、“ぱふぱふ”ってどんなことか知ってるか?』
(当たり前だ、じぇじぇじぇ!!!)

あれから25年。

ドラゴンクエストシリーズがスマートフォンで今冬から配信される。
「ドラクエ1~8」が順次公開され、最新作「10」の配信も決定している。

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』スマホ版。

ぱふぱふ”が少年の心に火を注ぎ、その後の人格形成に大きな影響を与えた。

戦闘中、突然不思議な踊りをしたり、人の意見を聞かない“遊び人”(自由奔放極まりない。まるで私の少年期と同じだ)。その遊び人でさえも、一生懸命頑張ってレベルを上げて勉強すれば、転職できることを知った。(ちなみに私は、今の会社に転職して現在4年目だ)。

冒険の書が消えたあの日、『どうして俺なんだ………』と不条理な社会に嘆き、
ブラウン管の前で何度もカセットを抜き差しした経験は、社会人として生きていくうえで
不条理な状況から立ち直る術を知ったり…(ちょっとこれは無理があるなぁ)。

年齢とともに本の折るページや、付箋を貼る場所が変わるように
ゲームも印象に残る場所はきっと変わっていくもの。

小学校3年生の自分が気付かなかった新しい発見があるのかも(やっぱり“ぱふぱふ”かもしれない)。

まぁ兎にも角にも、私は『ドラゴンクエストIII』が楽しみなのである。

■スマホで、ドラクエの人気モンスターを育成しよう
ドラゴンクエストモンスターズWANTED!

5942_screen_3

もともとフィーチャーフォンの作品だった。

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。