【シャドウバース(シャドバ)】「イスラーフィール」で攻防一体!『改良版イスラエルドラゴン』【ドラゴンデッキ】

「風読みの少年・ゼル」が縦横無尽に疾走し、「サハクィエル」からの「イスラーフィール」が万能すぎる!

公開:2017年4月21日 『改良版イスラエルドラゴン』

youtuber・あぽろ氏による、「改良版イスラエルドラゴン」!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

「ウロボロス」に「風読みの少年・ゼル」を使って疾走!「バハムート」もいける!

ブレイジングブレス(銅)×2
風読みの少年・ゼル(銀)×2
竜の託宣(銅)×3
サラマンダーブレス(金)×3
風の軍神・グリームニル(金)×3
ドラゴンナイト・アイラ(銅)×2
大鎌の竜騎(銅)×2
ラハブ(金)×3
水竜神の巫女(虹)×3
竜の闘気(銀)×3
ライトニングブラスト(銀)×2
サハクィエル(虹)×3
ウロボロス(虹)×2
イスラーフィール(虹)×2
バハムート(虹)×2
サタン(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:

「サハクィエル」「風読みの少年・ゼル」を中心にした連携を狙う構築。
まだまだ改良の余地はありますが、「ウロボロス」「イスラーフィール」は回復、復活能力があるため、便利屋ポジション。

「ライトニングブラスト」も消滅効果ということでドラゴンの欠点を補っています。消滅させたいカードが増えていますからね。
「ラハブ」なども状況によっては化けるのでPPの扱いには気を配りましょう。「大鎌の竜騎」も疾走フォロワーとして活躍してくれるでしょう。

フィニッシャーには「サハクィエル」からの「風読みの少年・ゼル」、「バハムート」や、「風読みの少年・ゼル」「ウロボロス」を使っていきましょう。
これらの連携をした際、トドメを刺しきれず負けてしまうことも考えられます。そういった場面で「ゼウス」の疾走が役に立ちます。

「サハクィエル」と「ルシフェル」がお約束ですが、今回は「イスラーフィール」を使って回復も行なっていきます。同時にリーダーへのダメージを刻んでリーサルまでの伏線になります。

注目カード:「ウロボロス」「バハムート」など「風読みの少年・ゼル」とのコンボを狙っていく。

【ウロボロス】

コスト:8
スタッツ:8/4
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。ラストワード 自分のリーダーを3回復。その後、ウロボロス1枚を手札に加える。

消滅させられなければ何度でも蘇ります!しかもファンファーレでダメージ、ラストワードで回復と、器用なカードになっています。

【イスラーフィール】

コスト:8
スタッツ:8/8
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ 自分のリーダーを4回復。
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

コストは重いものの、スタッツも高く、何よりもその能力!出てしまえば、進化すれば場に出したターンで相手リーダーと6点分のアドバンテージを取れるという…。単純に強い。
このデッキでは「サハクィエル」と組み合わせて使っていきます。

【水竜神の巫女】

コスト:5
スタッツ:4/5
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ このターンが自分の5ターン目以降(5ターン目も含む)なら、自分のPP最大値を+1する。覚醒状態なら、自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復。

ターン制限があるものの、コストに見合うスタッツを持ちながら回復、PPブースト能力を持っている優秀なカード。
くれぐれもターン数を間違わないようにしましょう。5ターン目ですよ!

【風読みの少年・ゼル】

コスト:2
スタッツ:2/2
クラス:ドラゴン
効果:進化後
進化時覚醒状態なら、自分の他のフォロワー1体は疾走を持つ。

「サハクィエル」採用型なので、「バハムート」との連携に使っていきましょう。「ウロボロス」に使ってもよし。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ドラゴンvsネクロマンサー

マリガンは「イスラーフィール」「風読みの少年・ゼル」2枚。両カードとも中心になるカードなのですが、今こられても…。

お互いPPブーストのみでほぼ動きがなし。手札はお互い潤っています。これはお互い隙をうかがう達人戦の様相…。
「水竜神の巫女」を出してPPブースト。これで次のターンPPは10点。
ここから動き始めますよ。
相手が先に「ウロボロス」を出してきましたね。

こちらは「ウロボロス」から「風読みの少年・ゼル」。「風読みの少年・ゼル」を進化して「ウロボロス」を除去します。
そして相手も同じムーブをしてきました!文字通りミラーになってますねこれは。


しかし、同じ考えなら、一手の違いが勝負を決めます。
「サハクィエル」「バハムート」「風読みの少年・ゼル」で疾走!これでリーサルです。

基本的にはこれがフィニッシュムーブになります。
このほか「サハクィエル」で「イスラーフィール」を出して回復と攻撃を両立する動きが強力!

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード

下に続きます