iPhone版リリース1日でトップセールスランキング5位まで登り詰めた『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』がついにGooglePlayでも配信開始

KLab株式会社は、株式会社ブシロードが提供するスマートフォン向けゲーム&コミュニケーションプラットフォーム「ブシモ」に向けて、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』のAndroid版の配信を開始した。

リズムアクション&アドベンチャーゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』

リズムアクション&アドベンチャーゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』は、iPhone版の提供開始後、1日でApp Storeトップセールスランキング5位獲得という偉業を達成したリズムアクションアドベンチャーゲーム。

シナリオを読み進めるストーリーパート、リズムアクションを楽しむライブパートの2パートが用意されており、ストーリーパートを読み進めることでライブパートでのプレイできる楽曲が解放され、ライブクリアなど条件を満たすことでストーリーの続きが解放されるなど、両パートが連動。

リズムアクションを楽しむライブパート

リズムアクションを楽しむライブパート

ライブパートではユニットを編成してライブに挑戦できる。おなじみの楽曲も多数収録。ライブパートには楽曲ごとのランキングがあり、友達や全国のライバルと競うこともできる。

ストーリーパートでは、μ’s(ミューズ)メンバーがフルボイスで活躍。

μ’sメンバーはもちろんフルボイス!

μ’sメンバーはもちろんフルボイス!

◆ラブライブとは…?
「みんなで叶える物語」をキーワードにオールメディア展開するスクールアイドルプロジェクト。9人の女の子によって結成されたスクールアイドルグループ「μ’s(ミューズ)」による、アニメーションPV(DVD&BD)付き音楽CDのリリースの他、インターネットラジオやライブイベント、雑誌、トレーディングカードゲームなど、様々なメディアを巻き込んだ展開を行っています。2013年1月から3月にかけてはテレビアニメが放送され、好評を博した。

ライター: 編集部

関連するキーワード

スポンサーリンク