今度のチャリ走はまさかの経営シミュレーション!?「チャリ走 秒速で1億台売る男」がリリースへ

スパイシーソフト株式会社は、シリーズ累計1000万ダウンロード突破の人気カジュアルゲーム「チャリ走」の新作として、「チャリ走 秒速で1億台売る男」を2017年8月13日よりApp Store とGoogle Playストアで配信開始した。

sub1

「チャリ走 秒速で1億台売る男」がリリース。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

<以下、スパイシーソフトの発表より抜粋>

スズキが自転車乗りから引退!悠々自適の自営業を開始したは良いが…

日々繰り返される激しいレースに嫌気がさし、自転車乗りから引退したスズキは、街の一角に自分の名を関した自転車専門店・スズキサイクルをオープン!

が…何を間違えたのか隣にライバルがいるど田舎という最悪の立地にお店を開いてしました。

…果たして無事経営していくことができるのでしょうか?

果報は寝て待つ?今度のチャリ走は超お気楽経営シミュレーションだ!

「チャリ走 秒速で1億台売る男」は今までのアクションゲームから一転、スズキの店を経営していくシミュレーションゲームになりました。

自転車を売って投資。そしてその投資で日々の売上を増やしてまた自転車を売る生活を繰り返します。

今までのような落とし穴やトラップは一切無し!

但し、操作性は今まで通りシンプルそのもの!

画面をタップするとスズキが頑張って自転車を売るので、そのお金で投資先を選ぶだけ。

バイトや正社員を雇えば時間経過でも売上が増えるようになるので、寝ているだけでもお金が貯まります!

sub2

ライバル店舗の買収、自転車メーカの買収、果ては世界的IT企業も?ありとあらゆるものを買収しろ!

過去作品では世界旅行、宇宙旅行、果ては時間旅行までした異常なほどバイタリティーが高いスズキ。

今回もそのバイタリティーは健在!

自転車を売るためなら何でもします。

ライバル店舗の吸収や自転車メーカーの買収は当たりまえ。

この世界から自動車を消すべく自動車メーカーを買収。

世界中に自動車の素晴らしさを垂れ流すべく、放送局やIT企業まで買い取ってしまいます。

努力を続ければ、ひょっとしたらもっと大きな存在まで買収できちゃうかも…。

sub3

sub4

デートに破産に人間不信…スズキの人生は苦労ばかり?

ゲーム中では、投資はもちろんスズキの人生に様々な事が起こります。

会社の運営を疎かにすれば破産もするでしょう…政治家に黄金色のお土産片手に泣きつく事もあると思います。

また、女の子にデートに誘われることもあるでしょう…きっと、リフレッシュできて仕事を頑張れるはず!

目を離すと売上が減って人間不信になることもあるでしょう…監視カメラを設置する必要があるかもしれません。

このゲームはスズキの人生であり貴方の人生でもあります!

貴方の力でスズキの人生を薔薇色の人生にしてあげてください!

sub5

【事前プレイで頂いたお客様からの声】

気がついたらずっとやってた。

世界征服まであと何兆円必要なのか想像もつかない…(16才、アルバイト、男性)

政治家買収した時に優越感と嫌悪感で胸がいっぱいになった。(20才、大学生、男性)

これはもうチャリ走ではない(30才、サラリーマン、男性)

街が発展していくのが嬉しくてやめられなかった。

ひどいゲーム。 (26才、学生、男性)

AppStore、GooglePlayにて無料で配信中!

【iOS版】

https://itunes.apple.com/app/apple-store/id1135702154?pt=313204&mt=8

【Android版】

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.spicysoft.themanwhosoldahundredbikes

デートする時間がない?そんな人には【時短版】がオススメ!

タップ売上を大幅に上昇させてくれる映画館デート…しかし、映画(動画広告)を見る時間が無い!

そんな方には、映画を見なくてもデートを完了できる時短版がオススメとなります!

時短版でどんどん売上を増やしましょう!

【iOS版】(360円)

https://itunes.apple.com/app/apple-store/id1142502621?pt=313204&mt=8

【Android版】(360円)

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.spicysoft.themanwhosoldahundredbikesnoad

<以上、スパイシーソフトの発表より抜粋>

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

ライター: 編集部

シェアする

下に続きます