【崩壊3rd】6月6日の追加シナリオ「永世の記憶編」にそなえよう! ~公式ニコ生の映像から新キャラや新システムのトレンドを読みとる。黒軒轅、八重桜、そして新PV~

大型アップデートが6月6日に決定した崩壊3rd。今回は、その新ステージの攻略からアップデート後の強キャラを予測しました。

▼崩壊3rdの最新記事はこちら

【崩壊3rd】リセマラ当たり&最強キャラランキング
崩壊3rdの攻略記事はこちらをクリック

ver.1.4のPV「桜の輪廻」公開

崩壊3rdは、ver.1.4のPV「桜の輪廻」 を公開しました。
https://www.youtube.com/watch?v=3GGJqtVRC9o
※一部開発中画面が入っております。

追加シナリオ「永世の記憶編」

崩壊3rdは、6月6日の大型アップデートとともに、新たな外伝「永世の記憶編」を追加します。昨晩の公式ニコ生では、そのアップデートに先駆けてこの「永世の記憶編」のプレイが公開されました。
当記事では、そのプレイ画像を見ながらアップデート後のトレンドを予測します。

倭寇(わこう)さんによる初見プレイ

消費APが10であることから、難易度普通だと推測されます。チームは[白騎士・月光キアナ(S)生物]、[雷電女王の鬼鎧芽衣(S)異能]、[次元限界突破ブローニャ(S)機械]でレベルは80、ランクはSSS。めちゃくちゃ強いチームです。

ステージスタート

ステージが始まるといきなりボス戦です。円形のステージで障害物はなにもありません。

黒軒轅が登場

登場演出が入ります。ちなみに声優は七瀬亜深さんです。

バトル開始

 倭寇(わこう)さんは、月光キアナでしばらく戦っていましたが、そのうち黒軒轅の防御力の高さに気づきます。画面上部のゲージに注目すると、黒軒轅の硬さが分かると思います。攻撃しているのはSSSランクのレベル80月光キアナです。まったく減っていません。

鬼鎧芽衣にチェンジ

 遠距離から多段攻撃で制する月光キアナから、単発の威力が高い鬼鎧芽衣にチェンジ。ここから鬼鎧芽衣の分岐攻撃で、黒軒轅の体力を削っていきます。もしかしたら属性攻撃に弱いのかもしれませんが詳細は不明です。

黒軒轅は攻撃力が高い

黒軒轅の攻撃は、大ぶりの攻撃ばかりで、そのどの技もダメージが大きいです。ただし直線的な攻撃が多いので、ウェンディ戦のような苦しさはないと、倭寇(わこう)さんはコメントしていました。攻撃パターンをおぼえてしまえば、避けることは容易だということでしょう。

急降下攻撃に対抗するためブローニャ登場

黒軒轅の大技のひとつに、上空に消え去った後に、急降下攻撃をくりだすというものがあります。これはなかなか避けづらいらしく、初見プレイの倭寇(わこう)さんは何度かもらってました。すると崩壊3rdのスタッフからアドバイスが入ります「ブローニャの盾でガードできます」と。しかし倭寇(わこう)さんはガードに失敗してしまいます(おそらく完全反撃(極限回避)を狙ったのだと思います)。

その後、鬼鎧芽衣で圧倒

 急降下攻撃の後は、再び鬼鎧芽衣にチェンジ。着実に黒軒轅の体力を減らしていきます。ちなみにこのステージは、体力やEPのカプセルが多くドロップします。倭寇(わこう)さんはEPゲージが貯まると、弱り切った黒軒轅に必殺技をキメました。

月光キアナがフィニッシュ

そして最後に月光キアナの必殺技でクリアです。危なげないプレイでしたが、おそらく私たちがプレイするときはここまですんなりいかないと思います。その理由ですが、まず倭寇(わこう)さんがそもそも上手いです。そしてガチャ限定キャラ3人をSSSランクまで昇格させたオールスター・チームです。さらにいうと、難易度普通です。なにかしらの報酬を期待しての周回は、おそらく難易度困難以上になると思いますので、キャラを育成しておいたほうがよさそうです。

ちなみに難易度「悪夢」では……

 黒軒轅は一撃が重いキャラですが、難易度悪夢になると、その傾向はますます強まります。画面下の鬼鎧芽衣の体力に注目してください。倭寇(わこう)さんは、体力カプセルがたくさん出るから大丈夫と言っていましたが、それは倭寇(わこう)さんが上手いからと、思わずツッコミを入れそうになりました。それくらい激しく攻撃してきます。この鬼鎧芽衣の装備している聖痕が気になります。

黒軒轅の急上昇

 黒軒轅の急降下攻撃のガードに挑戦です。黒軒轅はまず上空に消えます。このあとの急降下が素早く攻撃範囲が広いので、なかなか避けづらいようです。黒軒轅が飛んだ瞬間に、次元ブローニャの盾を構えて待機しました。

急降下攻撃のガードに成功

みごと盾でガードしました。が、地面の赤いサークルの大きさに注目してください。これはブローニャの盾だから安定して防げましたが、ほかのキャラで回避するのはかなり厳しくなりそうです。今から極限回避のテクを研くのも手段ではありますが、ここは無難に次元ブローニャか山吹ブローニャをチームに加入させたほうがよさそうです。

アップデート後のトレンド

公式ニコ生では、今回紹介した「永世の記憶編」のほかにも、マルチプレイとオープンワールドステージのプレイが紹介されました。それらのプレイから考察をすると、アップデート後の強キャラは、多段攻撃よりも一発が重いタイプ(もしくは属性攻撃が強い)、かつ移動が早く、盾のような強力な防御を持ったキャラになります。
……姫子ですね(笑)。
ただ、姫子は相打ち覚悟で至近距離に張りつくタイプなので、黒軒轅のような敵とは、本来は相性が悪いです。ゴリ押しでなんとかなりそうですが。
というわけで。
新規追加される八重桜に期待が高まるわけです。
もし八重桜の性能が、新ステージや新たな敵を得意とするものだったら、アップデート後の強キャラは八重桜にシフトしていくことになります。大型アップデートは6月6日、キャラ専用ガチャも設置されるそうなので、今から楽しみです。

プレイアブルな八重桜が2タイプ追加

6月6日のアップデートで追加される八重桜は、SランクとAランクの2タイプです。2人とも中距離が得意な間合いのように見えます。

御神装・勿忘八重桜(S)

逆神の巫女八重桜(A)

ライター: 編集部

コメントはまだありません。